パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
冬は心身ともに萎縮する。しかし、それでは冬のゴルフは克服できない。
寒いのは承知でゴルフ場へ来たはずだ。

私はプロだから、冬でもプレーしなければならないが、アマなら別にやりたくない人はコタツで寝てればよい。

しかし、いったん出てきたのなら、お金を払ってまで寒さに震えあがっているのでは馬鹿馬鹿しい。

まず「オレはこの季節に挑戦してやるんだ」という気持ちを持ってほしい。
それはゴルフの面白さの1つと言うものだ。
ーーーー

これは「パットの神髄」(青木功著 三笠書房刊)の一節から省略して引用させて頂きました。

で、冬のパットで、寒さに対抗するために青木がやっていることが紹介されています。

ーーーー
右手は出来るだけポケットの入れて温めておく。手がかじかんでいては、微妙なタッチが出せるわけがない。

左手はグローブをつけているが、それでも寒いようだったら、左手もポケットの入れておくことだ。

頭がいくらラインや速さを読んでも、肝心の手が動いてくれなかったら意味がない。

それでも冷たかったら、打つ前にパターのグリップを両手でこする。息をかけてもいい。
摩擦熱で手とグリップが馴染んでくる。

そうなれば、準備OKだ。あとは打ち方だ。

凍っているかどうかで判断し、速さを頭の中にインプットする。
しかし、凍っているところと陽にあたっているところがあるときはどうするか。

このような速さの違うラインでは、カップを見る。

カップ周辺が凍っていればスーッと通り過ぎる。つまり速い。そう判断していい。

もう一る大事なことは、冬のコーライは目が枯れているから、傾斜だけを考えればいいということだ。
ーーーー

しかし、このコーライが曲者ですよね。テカテカつるんつるんでどこまでも転がります。

コーライと言うと目がきつくて、ブレーキ効果が高く、直前で直角に曲がるという認識がありますが真冬は違います。

河川敷コースのグリーンは今でもコーライです。

ここをしっかり押さえておかないと3パット連発となります。

ランキングへの投票をお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。