パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
長い距離のパットをすると、思っていた以上にインパクトが強すぎて「ノーカン」となり、とんでもないところまで転がることがあります。これでもう3パット必至。長いパットを2パットで上がるという目論見が外れる瞬間です。

「パンチが入った」と表現されます。

パンチが入るのは、長いパットに限ったことではなく、しばしば「打ちすぎ」の代名詞として使われると思います。

原因は、しっかりとインパクトしようと言う意識が働きすぎてインパクトの直前に手首を返して(捏ねて)しまったり、インパクト前にグリップを強く握りしめて、ヘッドが暴走してしまうことです(大袈裟に言えば、インスタント・イップスです)。
 人間の日頃の感覚として、しっかりとインパクトしようとしたら、器用な手先(この場合は指先や手首)をフルに使うということは本能だからです。

この「しっかりインパクト」(*1)という言葉がそもそも曲者ですよね。

この言葉、「しっかり打つ」というイメージです。

パットはグリーン上でボールを転がす行為です。打つ行為ではありません。
しっかりは「芯で芯を捉え」て転がすことだと認識されるのが宜しいようです。

やはり「打つはX転がすは○」です。

で、このパンチを避けるにはどうするか。どうすることも無いのです。
普段通りにやれば全くパンチは入りません。

それは、上の原因に挙げたように、手首を返さないことやグリッププレッシャーを変えずにストロークすれば良いわけですから、振り子式のストロークで、振り幅だけを大きくしてボールを転がして行けば良いことになります。

本能が先行したら、パンチが入ってしまうので、ここは冷静に我慢をして、やるべきことに集中する。これでパンチから逃れることが出来ます。

パットも含めてゴルフはすべからく「我慢」「忍耐」ですね。

長い場合の距離勘も過去ログにUPしたような方法で作ることが出来ます。
「距離勘を高める10」

*1:青木功は確かに上から打って(ヒットして)いますが、あれは例外です。
あれは「パットの神様」だから出来るもので、今から上達を目指す方があれを真似たら、一生かかっても上手くならないことは保証します(爆)。

ランキングへの投票をお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。