パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
速さに合わせやすいストローク

「距離勘を高める10」では、3パットが多いような距離勘の方は、変動基準法により、RND当日の練習グリーンで距離の基準を把握しておけば、ストレス少なく実践に取り組める、とUPしました。

しかし、パッティングの方法にも距離勘を合わせるのに向き・不向きのメソッドがあります。

パッティングは「打つ」よりも「転がす」ことが大切です。

特に最近はグリーンにベント芝が採用されているので、このことに気を配った方が良い結果につながると思います。

「芯で打て」とか「芯で芯を捉えろ」とか言われると、ついつい「打つ」というイメージにつながるからだと思いますが、芯で芯を捉えながらも転がす方法があります。
「打つはX転がすは○」

この過去ログでも少し紹介しましたが「パター練習帳」(田原紘著 PHP研究所刊)のなかで著者は次のように解説しています。

---
高速グリーンでは、ボールを”打つ”というイメージから、”回転を付けて転がす”というストロークに変えないと、攻略することは難しい。

「ノーヒッティング・パット」を実現するには、肩の動きに頼ったストロークを意識すること。

6年の海外(ツアー参戦)経験から掴んだことは、肩の動きに頼ってストロークすることだ。
---

そして、(肩の動きに頼れば)グリーンの速さに合ったボールの回転をコントロール出来る、とも書かれています。

即ち、振り子式のストロークをする方がグリーンのスピードに合わせやすい、距離勘も出し易いと言うことを述べておられます。

ランキングへの投票をお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。