パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
距離制御の仕組み

「距離勘を高める6」に続きます。

正確な距離を把握することが何故大切か。

パットの距離をコントロールする人間の体の中に持つ制御機能について調べると、目標値(=距離)が如何に大切かが分かります。

下図はパットで距離をコントロールする場合の制御系統をモデル化したものです。
(「筋の科学事典」朝倉書店刊2002年に一部を追記したものです)

難しい言葉が出てきますが、簡単には次のように考えれば分かり易いですね。
以下、A、B、Cの中身はスル―して頂いて構いません。

A:目標に対してパットする。このくらいで良い筈と目星をつけてストローク。
  これはいわば「やりっぱなし」。
  お風呂を沸かすのに、薪を釜にくべて燃やすやり方ですね。
  希望の湯温になるか、難しいのと同じです。

B:目標に対して結果を測り、比較しながらストロークを制御しようとするものです。
  パットでは結果はストロークの途中で測れませんから、
  代替する指標(打音や打感)でフォローでつじつまを合わせたりします。
  お風呂で言えば、最近のガス釜ですね。
   湯温を測りながら設定温度になるように燃焼を制御します。

C:Bに対して更に精度を高めるように補正を加えています。
  補正には、過去の経験や練習によるスキルが貢献することになります。
  お風呂で言えば、設定温度よりも高くなり過ぎないように、目標湯温に近付いたら
  微妙な燃焼制御を行う場合がこれです(高度な制御で、実際には風呂には使われない)。

如何でしょうか。

人間の体の中に、このような素晴らしい機能が備わっているんですね。
人間はまさに神業が出来るように進化したといえます。

ここで申し上げたいのは、いずれの場合も目標値がなければ、この人間の巧妙に作られた機能も上手く働かない、ということです。

目標あってのコントロールです。

「まずは正確な距離の把握」が根本的に大切なんだと言うことがご理解頂ければ幸いです。

そして、これがプロが歩測をして距離を把握している理由です。
  
ランキングへの投票をお願い致します。



パットの距離制御
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。