パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
プラムボッビングはときにプロでも正しく使っていません。

正しい使い方について、です。

パターはその構造から、目の前で吊り下げても正しく鉛直線を示す訳ではないからです。

その理由は

①パターの重心はシャフトの中心軸を通っていない

②シャフトには一般にテーパーが付いている、という2つの理由からです。

そして、吊り下げた時にシャフトの円周上の1点(1箇所)だけが鉛直線を指します。

そこで、その1点(即ち、どの方向に構えたら鉛直線が正しく出ているか)を探します。

それには

①事前に、鉛直線が明確な場所(室内では鉛直の柱など)に少し離れて立ちます

②パターを吊り下げて回転してゆきます(グリップエンドを二本の指でつまんでぶら下げる)

③柱の鉛直線とパターのシャフトの示す線(定規線と仮称)が重なったところがシャフトの鉛直方向を示しています(この時に利き目を使って見ます)

④その向きに対してシャフトかグリップの一部にマークを付けます。
 ここでは、マークは自分に対して正対した位置に付けるとします。
 下図を参照下さい。

⑤グリーン上でプラムボッビングをする時には、二本の指でパターをぶら下げ、マークが自分に正対した位置に(回転してそのように向ける)合せます。この時に利き目で見る必要があります。

これで、グリーン上でパターの定規線は正しく鉛直線を指します。

こうして正しく使うことが出来ます。

---以上はは2007.05.23.付けでUPしましたが、「ブログ人」のサービスが終了したためAmebloに再編してUPするものです---

---Plum Bobbingはエイム・ポイント・エクスプレスの親戚ですので、今後参照することがあると思われますので、過去ログの再登板。御理解をお願い致します---

ランキングへの投票をお願い致します。

正対位置のマーキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。