パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
前日首位に浮上した近藤共弘がこの日も5打伸ばし(7○2△)この試合を制しました(-20)。

2位の谷原秀人、H・W・リュー、藤本佳則に4打差をつけてのブッチギリVです。

最終ホールへ向かう姿には、自信があふれていました。

これでツアー6勝目。前回の「つるやオープン2011」から3年半ぶりのVです。

この時も2位に4打差のブッチギリの優勝でした。

近藤は切れのあるアイアンショットでショットメーカーと言われることが多いですが、どうしてどうしてパットも上手いんですよね。

この試合では丸山茂樹が「(4日間状態が良く)ショットもパットも良い」と解説していました。

で、JGTOのデータを覗いてみたら、現時点で平均パット数ランク首位です。

近藤の平均パット数ランクは年度、その値、ランクで
2009 1.7764  29
2010 1.7864  39T
2011 1.7618  14
2012 1.7702  21
2013 1.7761  20
2014 1.7186   1 (14.11.10.現在)

近藤のパット。
ショットのようにテンポよくストロークします。
頭を動かさないのはインパクトまでです。
フォローではボールに目線を送っています。
しかし、ストロークの軸は維持したままなので、方向再現性が高いです。

このフォローの姿勢に対する考え方は2つ有ると思います。

近藤は女子ツアーの香妻琴乃と同じように目線を送るが軸は崩さないと言うやり方。

もう一つは、鈴木愛のように、これでもかというくらい頭を残すことで、ストロークの軸をキープすると言うやり方。

軸が狂わなければどっちでも構わないですが、前者は得てして、軸が狂い易いですから、後者の方がお奨めではないかと思います。

で、今現在の平均パット数ランクは
1近藤共弘  2I・H・ホ  3谷原秀人  4小田孔明  5竹谷佳孝

上位5選手で今季勝っていないのは谷原秀人だけですが、Tも含めて2位3回、3位2回を含めトップ10フィニッシュが8回。残り4戦で1つと言わず勝ってもおかしくないですね。

ランキングへの投票をお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。