パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パットする時にボールのどこに視点(注視点)を置くか、という極めて基本的なことを考えてみました。

パットに限らず、ショットでも「インパクトまでボールを見続ける」ということは、ゴルフを始めた時のティーチングプロから言われました。

どこを見つめろとは言われなかったので、漠然とボールを見ていました。

その後、ボールの頂点を見たり、ショットによって見つめる位置を変えたりもしていました。

これはひとそれぞれのやり方(個性)で良いのだと思いますが、パットの場合はボールを見ずにカップを見続ける方もおられるそうですね。私は御一緒したことはないのですが、知人のお知り合いの方でそういうパットをなさる方がおられるそうです。

屑入にごみを投げ込むときに、屑入(の入口)を見て投げ入れる。決してごみを見ながら投げはしない、という考え方のようです。片山晋呉がボールの後方からカップに向かってアンダースローでボールを投げる仕草で距離勘にマッチングさせようとしているのと同じですね。

しかし、ボールを見ずに良く「芯で芯を喰わせる」ことが出来なぁと感心します。

プロは、ボールの一点を見続けるようなことはせず「ボールをボーっと」見ると言う話も聞いたことがあります。これは一点を凝視すると体が硬くなり流れの良いスイングが出来なくなるからだと説明されました。

今はあまりこういうことが言われてないようですが(プロの皆様はそれぞれに企業秘密でしょうし)、ショットでは「(ヘッドで)芝の切れるのが見る」とアヤコさんが昔に仰ってました。

これは、そこまで視線(頭)を動かさないでショットしなさい、の意味だと理解しています。
ですから、どこを見ていようと頭を動かさないことが大切なことだと。

パットでも同じでインパクト或いはそれ以降も頭を残してストロークすることが、方向再現性の高いストロークになります。

ところが、これがなかなか守れない(早くルックアップしてしまう)。

何故かな、防ぐにはどうしたら良いかなと、思案した結果は、、、、。

パットする時の注視点をボールに置くのではなく、ボールの先の芝や砂粒(いわゆるスパット)に置くことにしました。但し、「芯で芯を捉える」というインパクトのイメージを持ち続けます(*1)。

現場でこれをやるとなかなか効果あります。

何故なら、ボールはインパクトの後で動いてしまうので、ボールを追っかけてしまうことがありますが、スパットならばボールが転がり出しても動かないので、見続けやすいからです。

ついでに、他のショットの場合も(ティーアップを除き)やってみたところ、良い感触です。
勿論、この時はスパットが持ってかれてしまいますが、、、。持ってかれるのを確認することが頭を残せることだと思います。これがアヤコさんの境地だったのかな、とも思ったりします。

逆に言うと、私のようななやり方でなくても、(インパクト以降)ボールが出てゆくことを(頭を動かさずに)確認できるような方はしっかりしたパットが出来てることだと思います。

早く目線を切ってしまう癖のある方はお試しください。

*1:喩えは悪いですが、雨中の運転中に「もっとワイパーを高速にしたら」と”助手席”から言われます。私は安全のために前方を見ているので速いワイパーは目障りなだけ、と却下します。前方に視点を置くか、窓ガラスに置くかの違いだ、と(勿論、そんな私も雨量次第ですよ)。

ランキングへの投票をお願い致します。


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。