パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
この日は1打落としましたが、米ツアー3年目のベ・サンムン(裵 相文)が今季初V(-15)。
PGAツアー通算2勝としました。

S・ボーディッチが5打も伸ばしたので、ヤバいかなと思ったのですが、追撃も-13止まり。
だいぶ先に上がっていたボーディッチのスコアを知ってか、終盤は守りに入ったゴルフでしたが、余裕で逃げ切りました。

松山英樹はミドルパットをいくつか僅かに右に外していました。
2打伸ばしましたが3打差のT3位。

石川遼は#11(パー3)の奥にこぼした□が痛かったですね。
-8でT19位に終わりました。
2日目、3日目と◎(いずれもパー4で!)があったのに活かしきれなかった感があります。

松山のパット。

少し変わって来ているように感じました。
以前よりも、肩の動きが大きくなっている(振り子式の徹底?)ようです。
意識的にやっていて、それが未だ十分に板についてないせいで、右に外していたのかな、と思ってみていました。

いずれにしてもどっしりと構えたパッティングは安定感を印象つけます。

松山が「チャンスはあった」というのは、つぎのデータも物語っています。

この試合の4日間通算のSTATSで、(ランク)はTを省略。

        裵相文   松山英樹  石川遼
飛距離yds  299.4(26)  299.7(23) 299.7(23)
FWキープ% 55.4(37)   66.1(8)   51.8(54)
パーオン%  75.0(6)    77.8(3)   68.1(40)
SGP      0.92(44)  0.85(45)   1.17(42)

即ち、松山は(上のデータの範囲では)パットのデータこそほんの少し劣りますが、他は全て裵相文を上回っています。石川はショットの精度を高める必要がありそうですね。
 
二人の今季の活躍を期待しています。

ベは昨季不調でしたが、初戦をモノにして新年度の活躍が期待されますね。
日本ツアーの3勝がありますが、今季(JGTO)はANAopenだけのへの参戦でした(T15位)。

ランキングへの投票をお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。