パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
谷原秀人と宮本勝昌が並んで首位となりました(-13)。

共に最終組で回った二人は谷原が先行するものの、#17(パー5)で宮本の◎で追いつきました。しかし、このホールも谷原が○でやはり1打差。

#18(パー4)の最難関ホールでは谷原が1mもない弱上りの弱スライスラインのパーパットを外して△として並びました。

1打差の3位には増田伸洋、金亨成、L・サンヒ、藤本佳則が、更に1打差の7位には藤田寛之、リャン・ウェンチョン、李京勲、小平一平が続いています。

谷原は故障上がりですが、相変わらずキレのあるショットと危なげないパットが素晴らしいです。
昨年度の平均パット数ランク首位(→「平均パット賞は谷原」)ですし、今季はこれまでランク6位です。

また、今季のSony Openでは全選手の中で最高のパットパフォーマンスを発揮しています。
「Sony Open2014」

ですから、3日目最終ホールのパーパットのミスは信じられないものでした。
この日は好天でしたが、終盤でかなり強い雨でしたので、早くプレーをしたい、と言うことではないかと牧野裕が解説していました。

谷原はツアー10勝ですが「住友VISA太平洋2013」以来のVなるかです。

宮本はツアー8勝で、勝てば「ツアー選手権2010」以来となります。

石川遼は-6で28位Tグループにいますが、この試合を見る限りパットがだいぶ良くなってきていますね。今は、完全な振り子式ストロークに徹しているようにお見受けしました。そのためにストロークの再現性が良くなっているのではないでしょうか。

また、-3で46位Tグループにいる@片岡尚之。ショートすることのないパット。若さの特権?のような頼もしさがあります。
「日本女子プロ2014」を勝った鈴木愛のようなタッチです。

後続を含めて首位と3打差以内に15人と言う大混戦。
まったく目が離せない最終日となりました。

天気が良いといいですね。

ランキングへの投票をお願い致します。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。