パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「アマはパーとボギーの間のゴルフ(プロはバーディーとパーの間のゴルフ(*1)」とはアマ第一人者阪田哲男さんの名言ですが、これは方法論としては寄せとパットを磨きなさいということですね。
 →「目指すところ」

  *1:(しつこいですが)プロは勝つためには如何に多くのバーディーを取るかにかかって来るので、あらゆる技術の練磨や技術の広がり(引き出しの多さ)を持たねばならないし、そのために練習も多く、基礎体力も優れている必要がありますが、アマは練習量やRND数も少ない中で、如何にパーで上がるか、ボギーを少なくするか、というマネジメントの究極をこのように表現されています。プロのリスク>アマのリスクとも言えますね。

そして、アマが行うべきマネジメントについてビジネスマンがブログを綴っておられます。
「道具屋」を名乗るこの方は某企業のCEOで現在HDCP=7ですが、ご自分のノウハウを余すところなく歯切れよく語っておられます。

そしてアマのリスクマネジメントはかくあるべきと感心させられますので、リンクを張らせて頂きます。

「誰も言わないこと」では、
グリーン前面なら最悪(仮にバンカーでも)でもボギー。
グリーン横なら最善でボギー。
グリーン奥なら、最善でボギー、普通ならダボ。
の違い(になること)を考えよう、と仰います。
 また、そのためにはどうするか、→リンク先を覗いて下さい。

そして
「誰も言わないこと2」では
アプローチ(ボギーオン)を如何に1ピン以内に寄せるか、(そしてパットを如何に決めやすくしてゆくか)そのノウハウについてUPなさってます。詳しくは→リンク先を覗いて下さい。
是非ご参考になされてはいかがでしょうか。

なお、この中で歩測の大切さ(→「正確な距離把握」)も書かれておられますし、最後には
上手人は、歩くのが速いです。
上手人に、素振りを2回以上する人はいません。
上手人は、人の動きを何気に見てます。
上手人は、人のショットで4倍(4人分)プレーしてます。
と上達の心掛けも語っておられます。

ランキングへの投票をお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。