パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
激動の一日、誰も予想できなかった結末で藤田寛之が今季2勝目を挙げました。
今季1勝目は→「つるやOPN2014」

藤田は17位からのスタートで、苦手としているグリーン(高麗)。

快進撃(8○1△)で先に上がったものの、粱津萬が#15(パー4)で追いつき-12としてプレーオフ(P.O.#18のパー5使用)へ。

「負けている展開」(ご本人)で、ティーショットがFWを捉えたのはP.O.の5ホール目。

一方の粱はこのホールではラフを渡りパーオン出来ず。

藤田も≒3mのバーディーパットを外したもののパー。

4ホール目までは粱がこのくらいのバーディーパットをことごとく外していましたので、心臓に堪えたファンが多かったと思います。「下駄を履くまで分からない」とは良く言ったものですね。

P.O.で藤田の最大のピンチは1ホール目。下りのスライスライン≒4m。これを外したら一巻の終わりと言うところでしたが、見事に凌いでいます。
藤田にしてもしびれた筈ですが、こういう場面の御本人の対処方法は→「しびれた時」

これって、技術や体力の問題ではなく、気持ちの問題ではないか、藤田の迫力・執念がゴルフの神様を動かしたと思えるフィナーレでした。

藤田のエースパターはキャメロンのピン型ですが、マレット型を使っていました。
「ボールを弾く感覚がある」と高麗対策が奏功したと言えます。

以前、藤田は「3本を使い分ける」と言ってましたのでまさに絶妙です。

ランキングへの投票をお願い致します。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。