パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
「理想の打撃条件」「それを得るストローク」、御理解いただけたと思います。

じゃあ、どうやってそのストロークをやるか、なのですね。

ストロークそのものは振り子式。

問題は打撃条件をどうやって作るか、ではないでしょうか。

それも簡単です。始動の前にフォワード・プレスすればいいんです。

赤道はボールの真横ですから、真横を打つためには、パターのフェースはロフトが0°(フェース面が鉛直の状態)で打たれなければなりません。

下図を参照下さい。

一般にパターには(メーカーや機種で異なりますが)2~4°のロフトがついています。

即ち、パターのシャフトを鉛直に構えた場合にはフェースは2~4°後傾します。

ですから、このままで打てばボールの赤道よりも下に当りますね。

3mとか5mを打つ場合は目立ちませんが20mというような長いパットを打つ場合は、(ボールの赤道よりも下を打つ事により、ボールは持ち上げられる力が働き)出だしにスキップ(飛び跳ね)してしまいます。

スキップするということは(着地の衝撃で)正確な軌道から外れる確率も高くなります。

正確な(狙い通りの)軌道を得ようとするなら、出だしからトップ・スピンの掛かったボールでスキップが出ないように打たなければなりません。

それはシャフトをカップ方向へ2~4°前傾させる事で実現できます(これはグリップをカップ方向へ50~60mm程度移動させる事で可能です)。

これが即ちフォワード・プレスの効用ですが、このほかにもテークバックをスムーズに行う準備段階という御利益もあります。。

パターのロフトは何のためにあるの?という議論もあります。

芝に沈んでいるボールを芝の上(回転面)まで掻き揚げるためにあるとかいろいろですが、中には納得できる(科学的に根拠のある)説もあります。

「パッティングの教科書」(芝草順二著 マサランド社刊)では、「ロフトはハンドファーストに構えて打つためにある」との説を唱えています。

これは、(ハンドファーストにして)ロフトを起して打つと言う事を示しています。

ロフト=0°の状態で打つと転がりの良いボールが出ることを経験的に承知した上で、このような説が出てきたのだと思います。

フォワードプレス

ランキングへの投票をお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。