2009-04-10 00:51:32

今日の金髪立ちんぼ事情①

テーマ:ブログ
半月程前、新聞で新宿新大久保界隈で、立ちんぼとして客を引いていた南米の女が2.3人捕まった事を知った。コロンビアやブラジルの年増女だ。 新大久保界隈と言えば6年程前の浄化作戦で、(立ちんぼ)は壊滅させられて、もう誰も居ないと思っていた。誰も居ないから商売になると、昔立っていた女が戻っていたのであろう。 10年前がピークで、5.60人は立っていたと思う。ハイジアの方を入れると100人は越えていたと思う。凄い人数だ。 主に南米、タイ、中国、韓国オカマと、よくも集まったものである。10年前の繁忙期に女の子は、毎夜7.000円をやくざに支払っていた。同一団体の二組に、それぞれ5.000円と2.000円を取られていた。更にやくざの経営するディスコの入場券まで強制的に買わされていた。 女の子は2万円が平均で、交渉によっては1万円でOKもあった。7.000円もやくざに支払って、女の子もそれなりに稼げたのだろぅ。しかし、新宿の浄化作戦で(立ちんぼ)は壊滅した。 新宿にかぎらず(金髪立ちんぼ)が居た池袋、錦糸町、町田、横浜黄金町界隈も、5.6年前に無くなってしまった。 あれだけ居た金髪立ちんぼは、関東圏では今は見かけない。今回数人の南米女が捕まった事で、昔のいっぱい居た立ちんぼを思い出した。
AD

[PR]気になるキーワード