むばたまの夜の衣を返してぞ着る

~いとせめて恋しきときはむばたまの夜の衣を返してぞ着る~
平安時代の歌人小野小町の歌から。
愛しい人にどうしようもなく会いたくてしかたのないときは、
寝間着を裏返して寝るわ
(寝間着を裏返して寝ると恋しい人の夢を見ることができるという説があったそうで)

他での発信が多くなり、ついついこちらはご無沙汰続きにひひ
生きてるかなあ?と思われる時には⇒コチラ

テーマ:
午後の部ご挨拶は松也くん。
マイクを手に七三まで行ってみたり、千穐楽スペシャル手ぬぐいまき(一本だけ汗)をしたり、袂から右近くんのDVD取り出して宣伝したりとさすが年長さんとびだすうさぎ2

2階正面から見る金閣寺。桜の花びらが降り積もる舞台の美しいこと。
大膳は別として、花形のメンバーがこんな古典の大作に真っ向勝負するのって、それだけでも観るものの心を揺さぶるよね大泣きうさぎ
それがどんどん成長しているんだから、なおのこと感動するわけで。

連獅子の感動については、どんなに言葉を尽くしても足りない気がする笑い泣き
観客も息を詰めて見守っていたのかも。
永遠に続くのかとも思われた毛振りの激しさ、力強さ。
ひたむきな演技に大きな拍手が沸き起こって、感動的なラストだったドキドキドキドキドキドキ
エエもん見せてもらいましたわな気分で北へ帰りますてへぺろうさぎ

{9A2C1636-9A74-41D3-96E8-7D62F0DF51C8}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「歌舞伎」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ご挨拶は梅枝くん。
あんなにきれいなお姫様になるのにけっこう男っぽい爆笑
びっくするくらい折り目正しく真面目なご挨拶。

松也くんの知盛、とても大きく感じられた。壱くんの典侍の局、肩にかかる髪や重ねた衣装の裾のひだまで美しかった大泣きうさぎ
種&右の魚尽くし、刀曲げ伸ばし?楽しさが五割増しカナヘイハート

ほんと「お人形さんみたい」という形容がぴったりな三人形カナヘイきらきら
しゅっとした若衆。可憐な傾城(傾城が可憐なというのは変だけど)おもちゃ箱に欲しい奴。舞踊の良し悪しなぞさっぱりわからない私でも、退屈や眠気とは無縁の演目。
{28E4491E-1D81-4849-BED4-9AAE33FAA62A}

午後の部の前にまたもや行ってしまった矢場とん豚
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
二月花形歌舞伎@松竹座
千穐楽を見届けてきた。

前に観たのは、初日開いてすぐだったので、公演期間中に、どんどん磨きあげられてきたということがよくわかったラブ
大人は大人になってからそんなに成長しないけれど、子どもの伸びはものすごく大きいし、幅広い。花形は子どもじゃないけどニヤリたとえて言えばそういう感じ。
観に行けて良かったと周りの様々な物事に感謝つながるうさぎ
珍しく列車内でブログ更新やる気ウシシ
しばらく続きますよん口笛

{449EF332-77B0-47BF-A294-6502783F7BF8}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

歌舞伎の日に歌舞伎を観たいが、

そうもいかない汗

今月最後のお楽しみは週末にカナヘイきらきら


嵐にしやがれの録画を見る。

愛之助さんはきっちり和服で^

大変よくできました💮

ほんとこの頃安心できるなぁ(反面、面白味が減った?サッ

それなのに

櫻井くんの私服がダサいってあんぐりうさぎ

これまでの数々の伝説を知ってか知らずか(笑)


愛之助さんの連獅子、最近は当然親獅子が多いけど、

仔獅子のときも可愛いかったな。


▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月は歌舞伎の舞台で見ていないので、ご無沙汰している感じの愛之助さん。
今月はじゃなくて、3月も4月も歌舞伎出ないんだったゲッソリ
そういう時にはこれでも読んで・・・ということなのかな。
 
{F0C81675-1A6A-4FB2-8E12-13A893488E75}

目新しいことはないかも…と思いつつも
一応ファンなので笑い泣き
今日届いたばかりなので、ぱらぱらっと見ただけだけど
坂東亜矢子さんによる聞き書きということのようだ。
永楽館とシスティーナの章があったのは嬉しい。
あの事故のことにも触れてあったので、記憶がよみがえった。
「GOEMON」初演のときの第三回システィーナあせる

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
蕾のまま雪の重みで折れてしまった梅の枝
今朝花が開いた
花弁が小さい。
やはり
幹や根を失っては
十分な栄養は得られないということだろうか
何かの暗示のようだ
 
{4E3E1139-E973-4048-BB6D-68F1EAC334BA}
 
{832FB9B1-A045-4F2C-93F6-02A26D73DF69}
折れなかった残りの枝
この蕾は開くのだろうか

梅と言えば・・・
二月はお茶の稽古の折、茶杓の銘を梅に関連したものにするのが楽しい。
先日の稽古で、私は「飛梅」紅梅
他の方が「東風」を言われたので

東風吹かば匂いおこせよ梅の花
主なしとて春を忘るな

に呼応して嬉しかった爆  笑
梅の別名には「花の兄」や「好文木」などがあると教わった。
花の兄びっくり花(桜)に先んじて咲くから兄なのだとのこと。
姉じゃあないのは何ゆえ?また兄がいたら弟もいて、「花の弟」は菊なんだそうだ(へええええびっくり)ほかの花はどうなるんだろう?
「好文木」の由来は、帝が学問に励んでいるときは咲き、学問を怠けているときにはしおれてしまったという故事から来ているそうだ。勉強せんかったら梅が枯れるぞーって脅されてがんばる?
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっぱり買い足してしまった口笛
二月松竹座。
ワンピースで歌舞伎に興味持った友人に勧めたら、ぜひ行きたいって。リピしないの?ってあんぐりうさぎ
狙っていた博多座を断念したこともあって
俄然リピしたくなった・・・。
そういうわけで買い足し爆笑

チケ松は早いね。もう今日届いた。
残念ながらチラシは旧バージョンガーン

{D6236C33-9467-4115-BF8F-4A008B167850}

先日の大雪で折れてしまった梅の枝。
かわいそうなの活けてみた照れ
咲くといいな。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このたびの豪雪雪雪の結晶は最高80cmに達したそうだゲッソリ
大雪に阻まれて楽しみにしていた淡路人形座公演@永楽館 には行けず、
{375E0732-3D14-4763-B7ED-88FABF04A47D}
整理券もらってたのにな大泣きうさぎ
友人とのディナーにも行けず。
雪かきに明け暮れたせいで、
腰を痛めてしまってえーん
おでかけはもちろん、
雪かきもできず。
かなり悲惨な境遇だー。
何もできないけれど。
寝込むほど重症でもなかったので
ほったらかしになっていたブログをちょこちょこ書いているというわけ。
ここんとこマメに更新してるなぁと思われたかもしれぬが、
こういう事情があったのだよ。

しかしながら、降り始めのころに
「吹雪の温泉露天風呂最高だぜゲラゲラ
なんて言いながら
温泉につかり、
エステでマッサージを受けていたので、
その罰が当たったのかもしれない
とも思っている。
(決して反省はしていないあんぐりピスケ
{E86E9AFB-B4EE-4F90-88DC-B77E09EDE02F}

吹雪の晴れ間にこんな美しい景色もカナヘイきらきら
「但馬富士」とも言われる「みひらき山」の雪景色。
永楽館歌舞伎の「春重四海波」の中で
壱太郎くんが踊るシーンの歌詞にも
登場している。
「〜雪かとみひらき但馬富士」だったか。

その時のことを書いた記事はこちら

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
image
二月花形歌舞伎

2017年2月5日(日)
午後の部 15時開演
三階右寄り

開演前のご挨拶は新悟くん。
素顔に紋付き袴。
松竹座には先月から引き続いての出演なので・・・と大阪弁をちょっと披露。
なんて言ったっけ?忘れた。あんまり喋るとぼろが出るのでこの辺で。
あとは携帯電話の注意。
浅草以外ではこういう開演前の挨拶を初めて聞いた(見た)けれど、
親しみがわいてよろしいのでは?
お目当ての役者さんのときにリピートするというお客さんも多いだろうし。

「金閣寺」
上から観るのが楽しい演目のひとつかもしれない。
大膳と鬼藤太や久吉が碁を打つシーンや
雪姫が花びらでネズミを描くところがよく見えるから。
大膳はもうさすがさすがの又五郎さん。声の張りも存在感も抜群合格
やっぱり重厚感が違う。大膳が軽いと絶対つまらないもんね。
歌昇くんの真柴久吉はぴったり。午前の部ではちょっと残念だったので
午後の部ではそのすっきり美しい容姿と所作に心の中で拍手を送った。
梅枝くんっていくつだっけ?と確かめたくなるほどの落ち着きと気品と
風情と台詞。これからもどんどん古典に出てほしいドキドキドキドキ
つい「お母さんに似てきたよねえ~」と言ってしまった私を許して笑い泣き時蔵さん。
お母さんは存じ上げませんよ(笑)
種之助くんの佐藤正清は加藤清正のもじり。となると、
ついつい思い出す「GOEMON」の加藤虎之助ニヤニヤ
またもや矢場とんを食べて満腹で臨んだ「金閣寺」。
寝落ちしたらどうしようかと心配していたけれど、
全然眠くならなかった音譜

「連獅子」
花形の獅子は動きが激しく勇壮な感じが出てよいものだなあ。
若いエネルギーがほとばしるクラッカー
右近くん@仔獅子のほうが勢いがあるのでは?という連獅子だったけどあせる
花形の華やかなきらめきを感じる公演の打ち出しが「連獅子」で、
浮き立つ気分のまま劇場を後にできるのは、とても幸せなことだ。

image
番附は華やかなピンク。2月だから梅のイメージ?
チラシは写真では分かりにくいけれどとってもキラキラして
これまたとても華やか。
どちらも花形のぴちぴち感を表していてとても似つかわしい。

できればリピートしたいけれど・・・・
遠いのよショボーン

あ、でもリピするかもsei
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
{97D448D3-7FFF-4D26-88DF-FA07CE090E0D}
二月花形歌舞伎
2017年2月5日(日)
午前の部 11時開演

開演前に「ご挨拶」
浅草のように役者さんが日替わりで幕の前に出て自由にしゃべる趣向となった。
この回は松也くん。
白塗りのメークが映えるお顔。演目の紹介と
携帯電話の注意。

「義経千本桜」渡海屋・大物浦
松也くん凛々しく男前になったなあ・・・としみじみ思う。
初めて見たころは女方だったからね。愛之助さん@京極内匠に殺されちゃうえーん
(去年の三月南座の鳴神上人や弁天小僧より印象が強い)
その次はやっぱりカルデロン神父だし。

壱くん@お柳・典侍の局 貫録すら漂っている。
特に典侍の局の拵えになってからの風格は、気高くて、
立ち姿も自害した後も気品が感じられたドキドキ

歌昇さんの弁慶はちょっと気の毒かな?
もすこしベテランの重量感のある役者さんのほうが・・・と思ったり。

「三人形」
若衆と傾城と奴、三体の人形が箱から出されて動き出す。
箱から人形が出てくるパターンの演目は好き。
「操り三番叟」や「京人形」・・・それぞれ趣向は異なるけれど
非現実の世界が違和感なく繰り広げられるところが面白い。
くるみ割り人形ぽい口笛
なんとなく傾城は梅枝くんかと思っていたら、新悟くん。
義経や阿毛斗のような中性的な感じがイメージだったけれど
傾城も美しいラブ
若衆が梅枝くんでびっくりでも背も高いし所作がきれいで見惚れてしまう。
最も目が離せなかったのは、やっぱり奴の種之助くんだろうラブラブ
弾んで回ってぴたりと止まって
特に優れた大腿四頭筋の持ち主と見た(笑)
観ていて、「あ~なんか鴈治郎さんぽい・・・」と思ったら
前に観た「三人形」の奴は鴈治郎さんだった口笛
もちろん若々しくて弾力も(笑)あるけれど、
可笑しみというか、黙っていても漂うユーモアが
相通ずるような気がするゲラゲラ

終演は2時10分
早い!だから昼の部ではなく「午前の部」なのね。
花形だし、短いし、ご挨拶もあるし・・・浅草ぽくするのなら
お値段もそうしてほしいところだけれど。


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。