西郷と大久保は熊本城に到着した.

大久保はここで西郷と別れた.



そのころ江戸では,ハリスが強引に通商条約の締結を求めていた.


水戸のご老公は解決策として,船で外国に行き,そこで貿易をすればよい.お口出しとして百万両よこせと言っている.


これを耳にした井伊直弼は,このことをネタに水戸のご老公を謀反の疑いありとして処罰することができる,とほくそ笑む.





京についた西郷.

井伊の側近のものが西郷のストーカーをしていた.また井伊が紀州の慶福を推していることも聞かされる.



そして江戸についた西郷.

篤姫の老女・幾島から大奥では慶福一色に染まりつつあることを聞かされる.




明けて安政五年.

堀田正睦が懸案の条約問題を持って京に上った.西郷はこれを援護するためお供した.

堀田は帝からの面会を拒絶されていた.帝が異国人は赤鬼だと思い込み,通商などもってのほかだと思っているからだった.

これを受け西郷は早急に世継ぎ問題を進めることを決意する.



大奥では,本寿院が篤姫に近く身籠るであろうという.子ができないのがわかっておきながら,一橋公を推そうとしている篤姫らをけん制するために.



将軍により井伊直弼が大老職に任命された.堀田にとっては青天の霹靂だった.

早速井伊は意見に反対するものを左遷したり職を解いたりした.


これに歯がゆい思いをした西郷は,帰国の許しが出ていないにもかかわらず帰国した.斉彬と次の一手を相談するため.


AD