お由羅の呪い(?)で斉彬は重体だった.



西郷らの祈りのおかげか斉彬は快方に向かった.そしてさらにいいことに,篤姫のお輿入れの準備が整った.これをもって高崎崩れで処罰されているものが解放されることとなった.



そんな中,斉彬の子である虎次郎が亡くなった.これもお由羅の呪詛だと薩摩武士たちは憤りを覚える.




薩摩に残っている大久保らを中心に精忠組を結成する.お由羅の事件を機に結束を固めるために.



そのような薩摩武士の動きが斉彬の耳に入り,西郷に静止を求める.斉彬はこれ以上藩内における争いごとを起こしたくなかった.


そして斉彬は,三郎の嫡男を自分の養子にしたいと斉興とお由羅に申し上げる.この申し出に驚きと喜びを隠せない二人.



その後西郷がそのことを耳にし,必死になって斉彬にやめるよう申し出る.

斉彬は,異国対策として日本が一致団結しなければならない時に,薩摩藩で争っていてはならないのだ,と西郷を諌める.



斉彬は,西郷に幾島と協力して篤姫の大奥入りの工作にあてる.このとき西郷ははじめて篤姫の役目を知る.



水戸のご老公斉昭は,島津家とは関ヶ原の合戦で豊臣方につき,徳川に弓を引いた家でり,将軍家との結婚などあり得ないという.

ここで,斉昭の子,一橋公を次代の世継ぎに推挙するための工作だと斉昭を説得する.



さらにこの工作を進めるため,日本初の蒸気船を隅田川をのぼらせた.



篤姫は自分の役目をいまだ知らずいぶかしく思う.そして薩摩に帰りたいという.

そんな篤姫に幾島は本当の役目を教える.




斉彬は西郷に大奥の調度品調達を任せる.大奥の生活を行う中で薩摩を思い出させる品を集めさせたいために.そして家定は男として不能であり,そうとわかっている男のもとに嫁がせることのせめてもの罪滅ぼしとして.






AD