FUJITA'S BAR
2008年01月21日(月) 00時53分24秒

セクシー・ジャケット(///∇//)

テーマ:雑記・音楽関係

音楽好きな方なら誰もが経験したことのあるジャケ買い



美しいジャケットはいろいろとありますが、中でも目を惹くのが

セクシー・ジャケット

です(;^ω^A



ということで、有名どころのセクシー・ジャケットを紹介したいと思います(・∀・)イイヨイイヨー







まずは1967年ナンシー・シナトラのアルバム「シュガー」です。

Sugar


ナンシー・シナトラは、あのフランク・シナトラの娘ですね^^


このアルバムに収録されている「シュガー・タウンは恋の町」ソフトバンのCMにも使われていました。


ピンクのビキニが眩しいです(・∀・)





お次はジミ・ヘンドリックス1968年のアルバム「エレクトリック・レディランド」です。

ElectricLadyland


今更説明の必要もないほどの最高傑作アルバムです。


裸のネエちゃんがイパーイという非常にわかりやすいジャケですが、残念ながら現在発売のものはジミの横顔がジャケットになっています。


忌野清志郎の覆面バンド「タイマーズ」のアルバム「不死身のタイマーズ」のジャケもこれを模したものでした。


不死身のタイマーズ





お次は、これも超有名なブラインド・フェイス1969年の傑作アルバム「スーパー・ジャイアンツ」
Blind Faith


今じゃこんなロリジャケ絶対無理でしょうな。


これはセクシーというのとはちょいと違いますな。


これがセクシーだと言える人はかなりヤヴァいです(^_^;)






これも炉利です^^

1973年レッド・ツェッペリンのアルバム「聖なる館」です。
Houses Of The Holy


ちなみにオレが持ってるCDでは手前の女の子のところにアーティスト名とアルバム・タイトルがかぶさっていて、うまい具合にお尻が隠されていますwww


聖なる館のお尻隠しw

これもいいアルバムです(・∀・)






これも超有名なジャケットで、1974年ロキシー・ミュージックのアルバム「カントリー・ライフ」です。

Country Life


個人的にロキシー「アヴァロン」しか聴いたことないです(´・ω・`)


これはかなりセクシーですな。







お次は1975年カーリー・サイモンのアルバム「人生はいたずら」です。

Playing Possum

カーリー・サイモン「うつろな愛」くらいしか知らないオレですが、このアルバムは豪華なアーティストが参加しています。


ジェームス・テイラー(当時の彼女の夫だった)やリンゴ・スタードクター・ジョン、さらにコーラスではリタ・クーリッジキャロル・キングが参加しています。

凄いね。


ジャケ買いして中身も正解ってヤツなんでしょうか。


これはセクシーというイメージがぴったりのジャケットですな( ´ー`)






そして次は1975年ロバート・パーマーのアルバム「プレッシャー・ドロップ」です。
Pressure Drop

ロバート・パーマー80年代の頃しか知りませんが、このアルバムも良いらしいですな。


ジャケットもセクシー&ダンディズムです。


このワケのわからん構図は何か意味があるのでしょうか?(^-^)






お次はこれも1975年で、オハイオ・プレイヤーズのアルバム「ハニー」です。
honey

オハイオ・プレイヤーズのアルバム・ジャケットは全体的にセクシー度高めです^^


彼らのアルバムはまともに聴いたことがないのですが、プリンスがライヴで「ラヴ・ローラーコースター」なんかをカヴァーしてました。


ちなみにジャケットは二つ折りになっていて、開くとこうなります↓

Honey 見開き

アルバムの表裏どちらから見てもジャケ買い可能な素晴らしいアルバムです(・∀・)







これも1975年のアルバムで、ボクサー「ビロウ・ザ・ベルト」です。
below the belt

ボクサーというバンドは全く知りませんが(笑)、このジャケットはよく知ってます(爆)。


ロック・リスナーの購買層の中心が10代~20代の男性であることを考えると、こうしたジャケットはやはり売り上げにも影響するのでしょうか。


するのでしょうな(*´Д`)=з







最後は1979年カーズのアルバム「キャンディ・オーに捧ぐ」です。

candy-o

オレの中ではカーズの最高傑作「ハートビート・シティ」で、彼らの最盛期は80年代だと思っています。


ですが、ジャケットはこの「キャンディ・オー」が最高傑作ですね^^


イラストなのが非常に残念です。






というワケで、セクシーなジャケット年代別に並べてみました。


一応ジャケそのものが一般的に認知度が高く、そして内容もそれなりに評価されているものを選んだつもりです。


インディーズアイドル/キワモノ系のものを探せばそれこそいっぱいあると思うのですが、そういうのは敢えて省きました。


80年代以降のセクシー・ジャケットについてはまた別の機会に紹介する予定です。






ちなみに、

家に着くまでが遠足

ってのと同じように、アルバムというのは

ジャケットも含めてひとつの作品

だと思っています。



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

3121さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■ろうずさん

ブラインド・フェイス壁に飾ってますか。
素晴らしい家庭ですな( ´ー`)

>思春期の息子2人がいるのでこのくらいにしておいたほうがいいかしら(笑)

いやむしろどんどん飾ってもいいんじゃないですかね(・∀・)
そしてそれをきっかけにして少年はロック・キッズになるのですよ。

9 ■おぉお

みたことあるのが多いです。私の手元にもブラインド・フェイスしかないです・・・
思春期の息子2人がいるのでこのくらいにしておいたほうがいいかしら(笑)壁にこれ飾ってあるんですけどね。

8 ■kofnさん

>オハイオ・プレイヤーズは全部こんな感じですよね。

オハイオとロキシーはセクシー系が多いですな(・∀・)

「いい映画は音楽もいい」と言いますが、いいアルバムはジャケも素晴らしいものが多いですな。

でも、アルバム・カヴァーがセクシーだからと言って中身がセクシーとは限りませんが(●´ω`●)ゞ

7 ■どうも

楽しませていただきました。
オハイオ・プレイヤーズは全部こんな感じですよね。
80年代版もぜひ期待してお待ちしてます(笑)

6 ■OZZYさん

いいジャケは眺めてるだけで幸せですよね。
いや、決してヘンな目で見てるというわけでなく(^_^;)

出来ればアナログのでかいジャケで見ていたいものです(・∀・)

>あっ!『LOVESEXY』が無いっすよ!(笑)

今回紹介したのは60~70年代のものですよ( ´ー`)
80年代以降のものはまた次の機会に紹介しますのでご安心を^^

5 ■Nobさん

>インディーズは確かに多いですが、露出度は高くてもセンスに欠ける気がします。

その傾向はあると思います。
ジャケのインパクトで気を惹こうとするのはわかるのですが(・∀・)

>この中でも、なぜか、ナンシー・シナトラが一番セクシーに見えます♪

昔のビキニは健康的でイイですな^^
ジャケットとビキニの色がピンクというのもイカしてます(^-^)

4 ■ひろさん

>ボクの手元には・・・二枚しか有りません(>_<)
二枚持ってたら十分ですよ^^

最近はネットで買ったり、店で買ったとしても既存の旧譜ばかりで、久しくジャケ買いしてないですわ(^~^)

3 ■これは!?

見てるだけで楽しいですね!

あっ!『LOVESEXY』が無いっすよ!(笑)

2 ■セクシージャケ♪

そういえば、和モノのオムニバスにも結構ありますよね。
インディーズは確かに多いですが、露出度は高くてもセンスに欠ける気がします。
この中でも、なぜか、ナンシー・シナトラが一番セクシーに見えます♪

1 ■二枚しか・・・

ボクの手元には・・・二枚しか有りません(>_<)
それに、ロキシーミュージックも・・・アバロンフェスしか知りません(ToT)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。