入院

テーマ:
3月の終わりから
だんだん呼吸がしづらくなり、
プールで泳いでいても、
クロールの呼吸が厳しくなりました。
トイレも近くなり、
皮膚科、心療内科の医者から、
内科、泌尿器科の受診を薦められました。
1度内科と泌尿器科の病院へ行ったら、
糖尿病と診断されて、

唖然❗

確かにおできができやすく、
治り難くなった、
トイレが近い、
喉がやたらと渇く事象からすると、
糖尿病の症状である。
が、不摂生しているわけでもなく、
親類に糖尿病患者が全くいない、
血糖値正常、
但しHbA1cの値が異常値を示していた。
本当にビックリでした。
早速食事を変えて見ました。

4月中旬、
階段を上がるのも苦痛になり、
もう一度同じ病院へ行ったところ、
呼吸器専門医からは、
肺に影があると言われた。

結核か?と思いきや
結核ではなく、
急性間質性肺炎だとわかりました。

ひょっとしたら、
2箇所で処方されている
漢方薬が原因かもしれない、
と言われた。

そして、
4月下旬、
そろそろ限界が来たと思い、
学校の後始末、
万が一に備えての
自習課題、
そして、
30日の緊急入院に到った訳です。

1日遅れたら、
死んでいたらしい。

入院して1週間、
現在、絶対安静の状態で、
呼吸器が手離せない状況です。

肺の状態は良くなっていますが、
食事、トイレも命懸けです。

皆さん、
健康第一です。
私のように
頑張り過ぎて
その結果病気にならないように、
程々にやりましょう。
命あっての物種です。

※現在は親族以外、面会は謝絶です。
※心療内科に通院していることは、
某C高校のハゲ狸から口止めされていましたが、
事態が事態ですので公表させて頂きます。
復讐を込めて…

GHOTI





AD

先日吹奏楽部員がお別れ会を開いてくれて、

色々語りました。

その時ふと思ったのが、

「何故病気になるまで頑張ってしまったのか?」

でした。


1.自分の名誉のため、有名になりたい

確かに人から評価されたい、

吹奏楽のカリスマ指導者とされるM先生やY先生やF先生のようになりたい・・・

それは否定しません。

人間だれしも持っている欲ですから・・・

しかも、教え子たちにも良い影響が出るかも・・・

しかし、それだけで続くような仕事ではないと思います。

部活動の手当て、普通のバイトの時給より全然安いですから


2.部の評価や評判が上がり、良いことが起こる。

部員にはこのことを話しました。

コンクールで良い結果が得られると

学校の予算も影響が出やすくなり、

楽器を買ってもらえる、

備品を買ってもらえるなど

お金的な部分でメリットが増えてく。

そして、

地域での評価も上がり、

依頼演奏が増え、

ひょっとしたら寄付?が出てくるかも・・・

また、

入部希望者が増え、

部員が増えたら、

様々なスタイルの演奏ができる、

相乗効果が見込めるのではないか・・・

でも、それだけではないのですね。


3.これまでお世話になった先輩・先生への恩返し

今はこれが一番デカいと思いました。

中学で吹奏楽の楽しさを知り、

高校でT先生やホルンのN先生から音楽の素晴らしさを教えてもらい、

教員になってから一緒に顧問をしていたN先生や

全国大会で金賞を取りながらも2週間後に亡くなったS先生から

音楽の深さ、指導法を学び、

N先生は私が教員をやめそうになったときには

何とか止めてくれた・・・恩人です。

4年前の還暦祝いの演奏会に参加した時、

「あと何年指導ができるのか・・・」と思いながら、

「どこまでできるか分からないけど、

できるだけ自分で引き継ごう」

と決心したのを覚えています。


昨年のコンクールで燃え尽きてしまい、

現在病気療養をしながらも何とか吹奏楽の指導はしていますが、

これからはマイペースにこの「3番」でできる範囲で吹奏楽を盛り上げていければいいかな



GHOTI



AD

皆さんへ

テーマ:

大変お世話になりました。


心より感謝申し上げます。


今週に入ってから、


FBの申請が数件ありました。


大変申し訳ございませんが、


現役高校生は卒業までお待ちください。


FBに関しては


安全面を考慮して、


R18とさせていただきます。


何卒ご理解ご協力のほど、


よろしくお願いいたします。


GHOTI

AD