ムーンブラッサム

元宝塚月組・龍真咲さんへの愛を叫ぶためだけのブログです。結構、天然で毒吐いています。


テーマ:
れいこひとこを、離すなんて。これ、本当に愚挙です。最近、NewWave雪のトピックをスカステニュースでよくやっているじゃないですか。私、ちょっと好きになってしまって。
 
どちらが、というわけではなく、このコンビの雰囲気。
れいこちゃんの美貌と、ひとこちゃんのスター感。
 
そしてね、観てしまったのです。
「星逢一夜」の新人公演。
 
正直ね、泉のみちるちゃんは、あまりにガラ違いで、すごくみゆちゃんに似せてはいたけど、ごめんなさいでした。
 
だから、紀之介と泉の物語というよりは、紀之介と源太の物語として見てしまった。
 
いやー、れいひと、いいわ。ほんと号泣しました。ウエクミ、天才。物語がすばらしいよね。星逢は。
 
れいひと。
おさあさの感じと似てるかな。端正な上級生と、ちょっといたずらみのある下級生。
もうちょっとれいひとを堪能したかったのではありませんか?雪組ファンのみなさま。「あぶない刑事」みたいな二人のバディもの、観たかったですよね。「銀の狼」とかも、すごく似合ったと思う。「タンゴ・アルゼンチーノ」もいいな。二人でみたいものがいっぱいあるよー。「インファナル・アフェア」もいいな。
 
もったいないなぁ。ほんとすっごい、いいコンビなのに。いつかは離さないといけないにしろ、まだ一緒にしておいてよかったと思うの。もったいないなぁ。
 
どちらが好きかと問われれば、ひとこちゃん💖
 
ちょっとずんこさん(姿月あさとさん)に似てる。歌も、当たりハズレがあるのは否めないけど、うまい歌はうまい。何より、圧倒的なスター感。これはあさちゃんにもかぶる。
 
雪のひとこちゃん、月のありちゃん。
絶対的にトップになるだろう、御曹司。
この二人は私もほんと好き。この2人のようなキラッキラのスターがいるからこそ宝塚は素晴らしいと思う。すくすくと育ってほしいです。
ひとこちゃんのバランスのよいスター感、ありちゃんの歌とダンスはすばらしいけど滑舌の悪さなどのバランスに欠けたスター感。どちらも圧倒的で、愛おしいです。
 
今回入れ替わる、れいこちゃん、あーさも、もちろん大好き。
 
この4人の中では一番つらい立場であることは明白な、あーさ。
がんばれ。
 
何やかや言って、やっぱりいちばん心の底で応援しているのはあーさだよ。がんばれよ、あーさ。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
真咲さん関連の情報がいっぱい出て幸せで幸せでしょうがないのですが、初日観に行って素晴らしかったビッグフィッシュ。
 
とっても幻想的な、基本的に私の大好物のミュージカルでした。ただ、最初にネガティブなことを言ってしまうと、川平慈英さんが初日はまだ乗り切れていなくて、特に1幕。もっと完成度が上がった時点で観たかったなと。二幕はほんと、めきめきと声も出てきたので、初日の一幕はもったいなかったなぁ。
 
思った以上に、奥さん役のきりやんがヒロインでした。若い頃も含めて演じるんだけど、超キュート。最後のソロは圧巻。素晴らしかった。
 
なんだか、父と息子の話ということで売っていたけど、もっともっと、川平ー霧矢の、夫婦愛として売ってよかったのでは?ものすごくいい役でしたよ、きりやんの役。
 
息子のうらけん、私は久しぶりだったけど、むっちゃいい声。川平さんは、歌えているという段階だったけど、浦井くんはさすがに、異次元の歌唱力。すばらしかったなぁ。声量とドラマのある、歌声。
 
ねねちゃんは、正直あまり出番も見せ場もなく。でも存在感はありました。歌も厳然たるソロはなかったような気がする。可愛かったけど、ちょっともったいなかったかな。
 
きりやんは、真咲さんの先代の月組トップということで、私も敬意を表して初日に見に行ったりなんかして。意外と義理堅いところがあるのよ、ぷりぷりちゃん💖
 
元々月組ファンというわけではないし、きりやんをナマで観たのも実はアデレイドぶり。なので、あの安定感のある歌とダンスと演技、久しぶりでした。本当に美人ですよね。ほんとすべてにおいてパーフェクト。安定感がありすぎるのが、きりやんの長所でもあり、もしかしたら短所でもあると思う。でも非常にいいお仕事を継続的になさっていて、真咲さんにも、こういうキャリアを歩んでいただければなと、つくづく思った初日でした。
 
ただね、初日というのに空席が目立って。
こういう良質のミュージカルをどのように集客するか、難しいところですね。ゲネプロにアメブロブロガーいっぱい招待して、写メとりまくりにして、宣伝してもらったらどうなんだろう?
 
私は真咲さんにくっついて、OGの活躍する場の方に目が向いてきているけど、宝塚のファンの方も、もうちょっとだけOGの舞台も見るようになれば、きっとね、とってもいい相乗効果になると思うのよね。宝塚のファンの方も、っていう言い方が、すごいね、私。完全にこっちの人になったのね(遠い目)。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うれしいうれしいうれしいうれしいうれしい。
待ってました!
 
また1789が見られる!
真咲さんが舞台で見られる!
 
うれしいうれしいうれしいうれしいうれしい。
 
いろんな発表あったけど、やっぱり待ち望んでました。舞台のお仕事。私は本当にミュージカルが大好きだから、大好きな真咲さんが大好きなミュージカルに出てくれるのを待ち望んでました。
 
それも、帝国劇場!
えっとね、主演じゃないのもいい。
いきなり帝国劇場主演!日生劇場主演!とかになりませんようにと、ほんと思ってた。主演にこだわらないのは大賛成です。
 
いつか主演をすることになるかもしれない、でも最初の一歩はどうかそれほど大きなものでありませんようにと、思ってました。
 
だって、やっぱり、一歩ずつ上り詰めてほしいから。
これからの長いキャリアの中で、メインだったり、脇だったり、主演だったり、本当にいろいろすると思うんです。
 
まあ、2001年からではあるけど、いろんな男役トップの最初の一歩を見続けてきて、ほんと、ガラコンでちょこっと準主役(宝塚のエリザベートはあくまでもトートの相手役だと思ってますから)させていただき、次(間に何かはいるかもですが)は、帝国劇場で初めての他流試合。いい感じだと思います。いつか、これやってほしいなという、作品や役がいっぱいあるんだけど、それはまたおいおい。
 
ただ正直、1789のマリー・アントワネットは、フランスオリジナル版が大好きな私としては、日本の1789マリー・アントワネットは、ちょっと全体最適化にそぐわない、部分最適化に過ぎた役かなと正直思ってます。特に月組の、特に東京に来てからの月組のマリー・アントワネットは、あかんかった。東宝版花總さまは、さすが、全体のバランスをみての、非常に分をわきまえた役作りでお見事でした。
 
だから、真咲さんにも、どうか月組のマリーではなく、花總さまを継承した、1789の全体の中で、マリーがどういう存在であれば革命に感情移入できるのかを考えた、愚かさと軽みを生かした、知的な役作りをしてほしいと切に願います。演じ手が知的に造形すればするほど、愚かさがでるはずの役なので。オーム・シャンティ・オームの稽古場で、小柳先生がまこっちゃんに言ったという言葉こそ、まさに1789のマリーだと思うので。
 
そして無理だと思うけど、マリーの最後の演出は、フランス版を活かしてほしいな。かなり残酷な演出だけど、あれ、本当に好きなんだ。史実を反映した、象徴的な美しいシーンだった。
 
予定があるというのは幸せなこと。
 
ああでも、やっぱり、ははは、わがまま言えば、もう一度、真咲ロナンが観たい!!わたし、真咲さんの男役にはまったく未練はないんだけど、ロナンだけはほんと、真咲さんが最高だと思うの。近鉄時代の梨田みたいな顔の、フランス版のロナンも嫌いじゃないんだけど。
 
あと、小声で言えば、意外にオランプも似合うのでは。オリジナル、すげー気の強い女だし。月組のオランプは両方とも超可愛かったけど。
 
なにはともあれ、ガラコンのシシィで聞いた、透明感のある声。体を射抜くレンブラント光線のような、鋭くも儚い体感。その体験がまたできるかと思うと、うれしいです。
 
早く来年が来ないかなと、思えるのが幸せです。といいつつ、7月のコンサートとの間に、もう一個くらい舞台のお仕事ないかなーと、欲張りなファンは思うのでありました。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。