『年齢不詳女』への道DX

燃え上がるアンチエイジング魂に火をつけるべく
目下、簡単 確実 効果炸裂!の技を探求中!
迫り来るにっくき老化と重力に立ち向かうノウハウをシェアしちゃいます 


テーマ:
私は昨年の9月に1匹の成ネコの里親になりました。

6月に最愛のモモ嬢を亡くしてしまって メンタルも体調もくずれてしまったのと
何より 父の様子が日を追うごとに ペットロスの症状が深刻になったからです。

初めて「ネコの譲渡会」へ参加して チンチラMixの2歳の男の子に出会いました。
まるで運命の出会いのように 我が家へ迎えることになったあの日は忘れられません。

「譲渡会」というのは 誰でも簡単に里親になれるものではないことをこの機会で知ることになりました。

1人暮らし、友人と同居、恋人と同居、60歳以上、部屋のスペースの確保 等。
里親になるために クリアしなければ条件がいくつもあるのです。
なぜなら、今 ネコも20年は長生きするから。
常に安定した住環境と 家族との関係、長く家族同然に一緒に暮らすのですから
いい加減な気持ちで引き取ることは 許されないからです。

だから 私がこのコを看取るまで 最長20年は考えないといけないのです。

その時 もし私が60歳をすぎて 1人暮らしになっていて ネコを残して先に逝ってしまったらどうしようと とてつもない不安が襲ってくることを想像したんです。

今は、もしもの時のために その準備はしておいてあります。
でも その「もしも」をしていないまま 残された最愛のペットが辿る道は 殺処分がある事実をおぼえておいて欲しいのです。

実際におきてしまった出来事を 杉本彩さんのブログで知りました。

1人暮らしのご主人が高齢で先に亡くなってしまい 1匹のビーグル犬が残されてしまいました。
引き取り手がないと 殺処分されてしまいます。

この事実を多くの人に知って欲しいのと どうかこのビーグル犬を救って欲しい思いから 全文をそのまま転載します。

2014-2-1 杉本彩さんのブログを転載します
----------------------------------------
どうしても助けたい!残されたビーグル犬
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11762432386.html


また飼い主さんの死亡により

一匹のビーグルが残されてしまいました。


この世を去る前に
準備をしておいてほしかったと、

このようなことが起こる度、本当に思います。


大切な家族のために
一匹では生きられない命のために

次の生活の場を用意しておいてほしかった。


飼い主さん急死の以前の記事URL

「大型犬の飼い主さん急死により、里親さん募集!」

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11755490468.html


今、この残されたビーグルを、

一生懸命、救おうとしている方がいます。


殺処分寸前のこのビーグルは、

ついこの間まで、

お年寄りの方に大切に育てられていた子です。


それなのに、
ちょっとの理由で譲渡対象から外され

殺処分が決まってしまったようです。


すでに処分されるはずだったこの子は、
担当職員の体調不良により

今のところ延期になっているようで


もしかしたら、

この子に生きるチャンスが訪れたのかもしれないと

必死で救おうと頑張っておられます。


発信者の方である

『神戸ナナプロジェクト』さんの記事をご覧頂き、

ご協力頂きたくお願い申し上げます!


神戸ナナプロジェクトさんブログ

http://ameblo.jp/junitina/entry-11759256589.html


---------------------------------------




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)