『年齢不詳女』への道DX

燃え上がるアンチエイジング魂に火をつけるべく
目下、簡単 確実 効果炸裂!の技を探求中!
迫り来るにっくき老化と重力に立ち向かうノウハウをシェアしちゃいます 


テーマ:

ここ数日の間に 新しく読者登録してくださった皆様
当ブログは 美容ブログです。

アンチエイジング・健康にフォーカスして良いという情報はできるだけ多くシェアしていくスタイルでおります。

 

ですが、たまに脱線もします。

 

今日は、特別版ネコブログをお届けします。

 

我が家には 大変※ご飯にうるさいわがまま王子がいます。
※エサといわずご飯と呼ばせていただきます。

 

ご飯にわがまま グルメなご飯好きなのは どうもどこのお家のネコちゃん達も同じようです。

ネコのご飯を作るメーカーさんは 手抜きができない、良質の材料で作らないと売れ残りが増えて 在庫を抱えてしまうというくらい とても厳しい業界と聞きました。

 

今回レビューさせて頂くのは、美味しいキャットフードを作るメーカーさんでも有名なあの「CANAGAN(カナガン)」のスタッフが 1年以上の歳月をかけて作った新商品『モグニャンキャットフード』です。

 

 

 

極上のキャットフード というこの モグニャン。

原料にもこだわりがあるんです。

1.新鮮な白身魚。

ありきたりの まぐろやカツオではありません。

なんと63%の使用しているんです。

半分以上が白身魚だから高たんぱく!

 

2.高タンパク・グレインフリー

これ、穀物を使用していないんです。

トウモロコシを主原料にしているフード多いんですよね。

穀物アレルギーがあるとこれはいただけない。

そこで、使われているのがサツマイモ。

 

3.年齢は幅広く 赤ちゃんからシニア猫まで

最近よく見かけるのが 年齢別にフードが分かれてますよね。

これが モグニャンにはないんです。

全年齢層の猫ちゃんも美味しく安全に食べるように考えているそうですよ。

 

 

 

安全といえば 着色料・香料が不使用な点も見逃せません。

今日食べたものが 未来の体・健康につながりますからね。

特に猫ちゃんは 痛いとか苦しい姿を見せにくいので 安全なものを食べさせてあげたいのが親心ってもんですよね。

 

 

さて、早速用意してみました。

かなり 粒が小さいのが特徴のようです。

実は 我が家のわがまま王子は チンチラ系なので小粒じゃないと食べにくい舌なんですよね。

この形状がちょっと違うだけで 残して食べないなんてもぉーーざらですから。

 

 

 

さぁて しーちゃーん!

新しいごはん たべてみてくれる?

 

ご飯 というキーワードを聞くと機敏に反応する食いしん坊。

なんか 妙にお行儀よくしてます。

 

猫って 新しいごはん 大好きですよね。

 

さぁさ どうぞどうぞ

 

最初は テイスティング。

しばらく香りを堪能したと思ったら 思いっきりガツガツ食べ始めましたよ。

 

食べ方が・・・・・

 

汚いのは ご愛嬌で・・・

 

 

 

どう? 美味しい?

 

うん、なんかたくさん 口にはいるね

うまうま

 

口からこぼれるほど ほおばってます。

 

 

 

小さい粒状なのと やっぱり香りと味ですかね。

 

初めてなのに かなり気に入って食べてくれました。

 

さすが 専門家集団が1年以上かけて作った 極上キャットフード!

 

 

しばらく食べたら 満腹になったらしく 顔を洗い始めてました。

 

 

 

 

OKじゃなくて ごちそうさんでしょっ 汗

 

この後の夕飯も、翌日の朝も 変わりなく食べてくれましたよ。

 

ふぅー 良かったー

 

正直言うと 本当にフードに関してはわがままなので 心配だったんですよ。

ひどいと 匂いだけ嗅いで 「いらなーい」って口もつけないことありますから。

 

今回のモグニャンキャットフードは 彼の中では 合格だったようです。

93.9%が継続したいという驚異的な数字が物語っているのも納得。

 

1.5kgあるので、1頭飼いなら1ヶ月充分もつんじゃないかな。

こちらは、単品購入・最大20%OFFになる定期コースから選べます。

フードはかさばるし、重いから通販で買えると楽ですよね。

詳細は公式サイトへ

↓   ↓   ↓

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の 杉本彩さんのブログをリブログさせていただきますね。

実は我が家は 今まで犬・ネコ総勢7匹を家族にしたことがありますが

一度もペットショップで購入したことがありません。

今我が家にいる ネコのしおんは初めて里子で引き取った子です。

 

捨てられていた子、迷い込んできた子、引き取った子が殆どだからです。

 

彩さんの記事では、インスタグラムで掲載されていた1枚の写真に

【5年分のフード購入すれば 生体半額!】と宣伝ののろしがたっているもの。

「命の叩き売り」をするペットショップが実在するなんて

海外の先進国の人たちが見たら はぁ?と落胆されそうですよね。

 

写真を観ただけで 嫌悪感で胸が苦しくなりました。


 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)