『ほうれんそう』日記

日々、忙しくて忘れがちなことを書き留めておこうと思います。嬉しいこと、楽しいこと、つらいこと、見て楽しんでくれる人がいたら幸いです。


テーマ:

夜中に更新することではないですが、

ふと、目が覚めたのでエントリー。




先週発売された、『起業家』について。

(左は渋告/当時社長にサインをねだった私・・・w)




社員は読んでいる人が多く、

藤田社長の想いを受け止め、奮い立たされ、各々思うところを

ブログに書いているのをよく目にした1週間だった。




2003年新卒入社組の私ですが、

今回の本の内容は、反省させられることが多かった。




電車の中で読んでたのですが、半分くらい読んだところで、

あまりのくやしさに涙が出てきそうになって、本を閉じたくらいです。




インターネット回線が「ぴ~ひゃらら」だった時代に入社し、

当時、それでも私がやりたかったことは、インターネットメディアをつくる側。


そんな私が入社して配属されたのは、

広告事業部の自社以外のメディアを担当するメディア担当でした。


そこでは、この本にも書かれていましたが、

自社メディアだけでなく、世の中的に、「どんな広告をつけたら売れるのか」と

いった、売上中心で考えるメディアが本当に多かったと思います。

(サービス存続のために、メディア運営企業としては当たり前かもしれませんが)


「メディアにとっては、ユーザーが一番大切なのでは?」というジレンマを抱えつつ、

「ユーザビリティ」と「広告効果(売上)」の間で、たくさん悩んだ時代でした。


そんな中、一貫した姿勢でユーザビリティを最優先に考え続けていた

メディアは、やはりたくさんのファンをつけて売り上げを伸ばしていき、

今や誰もが知っているメディアへと成長を遂げてたりします。


または、もっと大きなメディアに買収されて、

名称こそ変わってしまったものもありますが、

メディアとしての価値をもって、今も生き続けていたりします。



*夜が開けてきたので、中編に続く。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

会社の人が書いているブログを見て、久しぶりにはっとさせられました。

「ネット上でつまらない人間にならないで欲しい」という新卒向けに書かれたエントリー。


内容としては、ネットサービスの作り手として大切な心構えというか、

「自分」を発信することの大切さ、みたいなものだったのですが、

チクチクと刺さりました。





そういえば、私って基本的に、文字に落として考えたり、妄想したりが好きなはずだった。


いつから積極的に書くことをやめてしまったんだろう?




ネット上でブログを書き始めたのは、2002年の就職活動中。

初めて知ったこと、気になったこと、考えたことを、自分の中に腹落ちさせるために

わかりやすく文字にまとめ、自分で何度も読み返したりしてた時期があった。


2004年にアメーバブログがリリースされたころには、

ブログを書くこと、読むことは日課になっていたものの、

いつしか、周りの目を気にしながら書くことに窮屈になっていたのかもしれない。





そんな状況を、ほったらかしにしていた私に、

どきっとする発信で、とても響きました。





更新がされないコンテンツほどつまらないものはない。





このネット上でつまらない人間を抜け出さなければ!

(とまあ、まずは気持ちから・・・)ぺこテヘっ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。