TONE”s ocarina world

オカリナ吹きがノッてます

10年あまり書いてきたteacupブログ「~jupicentue~LIFE note」の筆者です。
2017年を持ちましてブログを閉じ、こちらに一本化します。
主にオカリナについてのことを話しますが、
感じている様々なことを書いていこうと思います。

アメンバー申請窓口は常時開けていますが、アメンバーの機能上、シークレットなお話や、市場に影響しかねないお話にしていることが多いため基本的に直接お会いしたことある上、関わりの継続のある方のみ引き受けさせていただいております。
でも、他の方のブログに発言をお任せしてる傾向ありかも。

裏息についてのお話は勘違いされてる方も多いのでシンプルに。
「個体毎の息質の最適化」
それに裏息グループのオカリナが存在するという話で裏息を対応しないオカリナが基本的に市場では大半だということです。

「裏息」という技術があると一人歩きしてる感はありますが、あくまでも大事なのは「個体毎の息質の最適化」のひとつということです。

「口腔内容積を変えてもオカリナの音は変わりません!」と言い切って切り捨てた某世界的オカリナ奏者の発言から、存在ないものとされたこの分野のオカリナを知らせるがために最適な言葉がなかったこの価値観のグループの個体があるということをお伝えするがためにこの名前は生まれました。

それを可能にする仕組みはお会いできる方にはお話しさせていただくことは可能です。

今、現在、裏息の意味をほぼ正確に伝えられる方は私が住む九州のほか、東京横浜と名古屋におられると思います。



















オカリナ資料庫



1.ミカレジーナ
2.和(なごみ)=東京
3.庵(いおり)
4.haru
5.SAKURAWAYTA(サクラワイタ)その1
6.SAKURAWAYTA(サクラワイタ)その2
7.くまモンSAKURAWAYTA(サクラワイタ)
8.森の音
9.さくら(岡崎)
10.木村
11.ソルジェンテ(旧)
12.エトナ
13.ナイト・ファーザーモデル
14.ノーブル・マニア
15.ナイト・フィオレット(初期型=丸口歌口)
16.おがわオカリーナ
17.ピエタ
18.YOKO
19.悠その1
20.悠その2
21.TNG(宗次郎推奨)
22.オオサワ・トリプル(フォーカリンク)
23.インフィニティ&ZIN(ジン)
24.イカロス
25.与作⁉︎
26.ジニ(ZIN)
27.アケタ・ニューマエストロ
28.サウザンリーブス
29.こころ
30.風雅陶笛=フォーカリンク(並行輸入)
31.土心
32.割れたオカリナその1
32.2.割れたオカリナその2
33.無有(ヒーリングオカリナ)
君の名は?
34.スーパーサイヤオカリナ(笑)
35.大熊(旧)

タイトル

タイトル

タイトル

テーマ:
裏息傾向のピッコロさんしか使わなかった私ではありますが、今年は実は似非 裏息ピッコロさんに移行していたんです。

裏息ピッコロさん響き過ぎがたまにキズ。
今年のは軽めの裏息反応はあるものの、初期の裏息始めたばかりの時の判断では裏息認識しなかった個体。かなり浅めの軸中央型です。

控えめに響きます。
吹き鳴らすオカリナではないながら、、、
高音は吹き鳴らす方向ながら、刺すような音は皆無。

歌口は雫型、表息型にありがちな歌口ですが、
刃の範囲からしておむすび型と雫型の中間。

響かせる要素のあるフォーカリンクが稀にありますが、フォーカリンクに使いがちな吹き込み息はこれには使いません。
響きを追いすぎることもなくナチュラルでしっかり響きを引きだす。
そんな個体。

多分8年以上は寝かせてました。
裏息ピッコロさんに隠れて出番なく。
しかし、手ばなせなった。
いよいよこれじゃないといけない時期がきて、、、

今年は思想が少し変わり、「浅め」にこだわります。


それはとある過去との決別。
追い続けた音からの卒業。

{7B0A4F32-9561-461C-9D37-FF0762A54373}




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
とあるブログで紹介されてる発言を見た。
欠陥品かぁ。そうかぁ。

それは
私がかつてきた道^^;
胸に引きつけなきゃいけないようなオカリナは終わってるんだよ!って。

かつての私は心の中で思った。

どんな息入れても音色が破綻しない、雑音もしない。すげぇと感動しまくった、、、、


私は知らなかったんだ。その先のオカリナの世界があることを。

同じ形をしていた昔の亜音エルとピエタのAC。
左右寸法、太さ、風道の角度、全く同じ。

違うのは色合いと歌口だけ。

完璧な亜音。スムーズすぎる。
片やピエタときたら野暮ったい雑音しかしない。
アケタみたいじゃないか、、、

でも時々ピエタは魔法を掛けてくる。
野暮ったい雑音が消える瞬間の心地よさを瞬間瞬間に出していて、どうにもおかしかったのです。



その謎が明らかになった時、気が付いたら亜音を吹くのをやめてしまった。

オカリナ地獄にハマり込んだのです。
深い深い地獄に。

心地よい響きを身体で知った瞬間、
私はバカだったと思い知らされた。


この謎を解き、この秘密を表現するにはどうしたらいいのか、

苦しみ続けた数年。

これを知らぬ者には鼻で笑われ、知ってしまった人はドツボにハマるこの両極端な価値観。




仕方ないので裏息対応なる言葉を仮につくり、別のオカリナであることを強く強調した。






とある作家さんが昔、言いました。
胸に引きつけなきゃ鳴らないオカリナなど欠陥品じゃ!ワシのは真っ直ぐでも鳴るんだ!

どれだけの作家の人がこの「オカリナ」の罠にハマったのだろう。

そう、ここはオカリナの地獄の一丁目交差点。
どっちに行くかは迷いどころ。

そう言われた方の作品はとにかく歌口のエッジに迷いなく息を当てたいから風道を極限まで絞りました。

糞詰まりの息でこめかみに血管を浮き上がらせるほど吹かないと音にならない楽器だった、それは。

もはや見えなくなって迷子になってしまった。

胸に引きつけたくないやり方は様々あるだろうが、

私もかつてはそこを通ってきました。

でも、そう言っているうちは響き系を語りはするもやはり響き系の意味を解られてないのは明らかだなぁ。

実物は既に見たけども、どちらにも振れない中途半端。



喉は響かせられないと言ってきたから。

似非(軸中央型) 響き系ってとこでしょうか。


貴重なお話、ありがとうございます。



今現在、ACは数年ぶりに亜音やティアーモを使いつつ、響き系としては攻められる響き系としてインフィニティ二本を始め、曲の性質に応じ庵、土心、ピエタを主力にチョイス。

だいたい使いたいオカリナは固まってきている。



「捨てようと思いました。」
息質が違うことを(圧力の強弱の目線ではない異質のオカリナ)気付かずに音にならない欠陥品だとセミナーで宗次郎に吹かせたご婦人。

これ、いいオカリナですよ。とあっさり見事な音色にしてしまう。

これについての違いについてはセミナーでは語られなかったが、私なら言うだろう。


強く吹いてはいけない、息を弱めるわけでもない。
息を与える意識をひっくり返さないと、この謎は解けない。

そういうオカリナは1割もないほど少数派だけども

宗次郎に近付くヒントの最有力な意識なのは間違いないんだということは断言出来る。

ノイズを消す息の与え方もあるのです。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渋うございますwww


 
▼わたしのねこのタイプは…
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月24日、待ちに待った宮村将広コンサートに行ってきました。




{81FBCCB6-0CA5-4C8B-B637-345BC3824999}



知人たちは昼間に沢山集中していて(九州外の遠方組は当日飛行機で帰って行ったらしい。)大雨が降るとされたのにも関わらず、雨のない良い天候だったらしいです。
集客も成功していたらしい。

私が行った夜は実は私が雨男の疑いあるんですよwww
五分五分の確率だけどね(笑)
土砂降りの中、靴下脱いで靴を脱いでクロックスに履き替え、途中から電車で行く予定も、雨に濡れて歩く距離が倍以上に伸びることを考え、天神まで車で乗り付けて行きました。


スタッフの方々にお土産買って行ったのに車中に忘れてしまい(T ^ T)ヘマをした。
土砂降りの中戻るわけにもいかず。

宮村将広晴れ男伝説、破れる(−_−;)

写真はありません。
撮影禁止を律儀に守りました(笑)

会場の撮影だけでもしとけば良かったが、雨で気持ちがそこに気が回らんだったんです。
ごめんなさいませ^^;


ところで、突然ですが、数日前にアメンバーのある方から是非着ていただきたい、と連絡あり、それが天神へ出発する直前に郵便受けに入ってたんです。
午前中ですね。

ちなみにうちは午後配達なので、早めてくれたんですね。

買い過ぎ注意?
(余計なお世話じゃ(笑))

オカリナがだいぶ増えたからそろそろ断捨離は考えなくもないですが、、、

ヒロミチ譲っていただいたお方です。





{52188B7D-F367-4253-9F4E-73C98FF75F83}

{CEABD363-B1B6-4AA2-8A99-F48BEA667D27}

ねこぶちさん?
緩いカンジがいいです。


私は方向音痴ではないし、来た道はだいたい覚えていて、間違えることはまずないんですが、この年齢になるとさすがに自信がなく、、、


一方通行に苦しみながら1時間100円の、天神にしてはかなり安い部類のパーキングを発見、


{2A50298A-2708-4FA7-8668-21DB92EFCB5B}

入り口はここで、

{2FC58513-83A9-4BFD-9839-2C2A9F77388D}

キャナルシティが見える川沿いな!了解(笑)



いろいろ目印を意識しながら歩いて会場のアクロス福岡に向かいました。



演奏の感想ですが、やはり宮村将広カラーが濃厚。

カバー曲からオリジナル曲に移行した途端空気感が全く変わりました。

演奏については今更語るまでもなく素晴らしいものはあるんですが、コンサートの組み立て方も緻密でこだわりがよく感じます。

プロだから演奏がいいのは当たり前ですが、彼にはプラスアルファのさらにプラスがある。

オカリナ奏者って演奏はよくても、トークのいい人はあまりいない。
とある奏者などは聴き手を怒らせるようなロクでもないのがいて、あれはプロの語りではない。それに比べMCのトークの組み立て方も、嫌味なくさりげなく、強すぎる主張もないながら、ツボを押さえた話が出来る。
立ち姿もオーラが漂うかのようで、
演奏以外のことも高いバランスにある。


「宮村将広」という奏者が気に入った友人は言う。

「宮村将広」はココペリだ、と。



オカリナの世界には奏者によりいろいろ呼ばれ方があるみたいだが、
とある奏者はかつてはオカリナの貴公子だとか、ホンヤミカコさんは有名でオカリナの妖精だと言われ、
とある別の女性の奏者は自らを自虐してホンヤさんと対比して「わたしゃオカリナの妖怪よ」などと言う方もいましたが、
とある奏者は変則的な技の黄金の魔術師だよなぁ(^ ^)
さて、宮村将広さんの場合、、、、
やはり「オカリナの精霊」などと名付けたら失礼だろうか。

本当に音色を愛している点なんか、そうなんじゃないかと思います。





コンサートが終わるとあたりは暗くなってました。


{713FB011-E972-4326-8656-EC564644ADA8}


私を呼んでくれたスタッフの方も大分まで日帰りということで、会場でお別れ。

一応飲むことになってもいい準備はしてたんですけどね。

一応福岡の知人には私の行動はお伝えしていたので、都合のつく方から連絡がありました。


それで帰り道にお食事。居酒屋でノンアルコールですが、ちょっと腹ごしらえ。刺身やらもつ鍋とか、、、


閉店まで語り、解散後眠くなるまで帰路につきました。

一応車中泊出来るようにはしていたので、、、


以下は大分県日田市




{DDF8FFD5-7595-4090-8217-FDEB90BF342E}

{808C20F4-E3E7-4948-A6AB-A5DFBB604C1C}

{379D7087-5A40-4FCF-84ED-2F2C498FE564}

{D577B574-B850-4908-BF64-C2D95B5FCD7D}

{11346109-1571-424D-8FB7-6785DB366FF6}


日田天領水の里。ここには廃止されたブルートレインが保存されてます。
でも宿泊は出来ないみたい。残念ですが、、、


天気も晴れ
神がかり。



{826229ED-5268-432D-B3A8-B5293ABF00B4}


見つけました。
有り難き 神の力に 運掴む


そのとおりですよねぇ。
と💩💩💩しながら思いました。




お昼の初めて行くラーメン(^ ^)

{9F072466-98A5-4255-BA54-0B7A5656686B}






久々にバンブリーナ吹き

{51AEECDA-83C9-4262-8C7B-12ECCA8F4F93}

昼からは目一杯練習モード。
モチベーションに火が点きました。


{6C9D75E2-C63D-4BBC-8980-086B68BF263E}

{FDBA1A0D-00F4-4AC2-8F2D-974B410CBB6D}


これ、ピッコロでやってみよーかなぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
オカリナの構造の秘密を読み解く文面を書いているんですが、ある時とある作家さんブログに文句付けた作家さんがいたと聞いてますからそういうごく一部から大クレームが来る内容かもしれません。

どこまで公開するかは未定。
アメンバー向けにはかなり広範囲でお見せする予定ではありますが、、、

オカリナの目利きにもいい話にはなると思うんですが、、、




書いている途中の一部公開

これは基本的な部分の話



{09CB785F-C4E5-47C0-B649-FDB90B404243}

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

写真の違うところを、、というつもりでは、、、あったんだけど、めんどくさいからやめた(笑)


{5567188B-4EE8-4651-9513-3653740C3CF5}

{FB30D494-69BE-49A5-A429-60AE462E918D}


CDプレーヤーが調子悪くて、なかなかCDを認識しないから外に連れ出すにも信頼できないから買い替えたんです。(地震被害時に車中にしばらく積み込んでたのがいけなかったらしい。)
古いのはシルバーのTASCAM CD-VT1

赤いのが新しく来たプレーヤー TASCAM CD-GT1

たまたま未使用の程度のいいもの見つけてしまったんです。

VT1=ボーカルトレーナー
GT1=ギタートレーナー
という立ち位置らしいんですが、細かい機能は使いこなせてません(T ^ T)
とりあえずCD回せればいいや程度でして。
(BT1=ベーストレーナーもあり)

このモデルは後期にそれぞれにVT1.GT1.BT1のmark2があって、さらに小型のVT2やGT2、BT2へモデルチェンジしてるんですが、
GT2は持ってるんですよ。
でも1時間も再生出来ずに音飛びエラー起こすので今は信頼出来ずに使っていません。

この赤いのは未使用の個体らしくて今のところ好調に動いています。
古いだけにCD認識速度がやや遅いみたいだけど、確実に動くならそれでいいやと。




{8978ED3D-C5F2-49E2-9998-8FD58E3902FA}


間違い探し、インフィニティも入れ替えてるんだよっていう予定でしたが、全く同じ画面に出来そうになく挫折(−_−;)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
意外に思うかもしれないが、ヒロミチオカリナはこれまで所持しておらず、これが初ヒロミチです。

{8E263E06-1042-4A46-8DD4-E8FBEBEE9ECB}

{DFADAF80-7A28-4626-BDB2-2BFA2DE10194}

{9E748591-4640-41C7-9492-4983E54811FF}



結構人気のあるオカリナで、某所でも高く評価されていながら、遅ればせながら。

雫型歌口はどうしても私は優先順位から下がってしまいます。
それは私の息がどうしても「吹く」ではなく「置き」に行ってしまうから、「吹く」の要素の強い縦長歌口はこれまで長年使ってこなかった。

それは良し悪しではなく、私の好みの相性からくるものです。

でも演奏の方向性をクロスオーバーを始めた「攻め」に振り始めると、これまでの方向性のオカリナでは扱いにくいのもありまして、今は亜音の出番がとても増えている。
知っての通り亜音も雫型の縦長歌口、息も腹圧を掛けて「吹く」を意識する。使う息が全然違う。

ラフな息でもまとめちゃうからオカリナに任せきり。楽チン。

ちょい前だとインフィニティの初期は「吹く」も「置く」も意識的には両方使う時期もありますが、
今やってる曲は「置き」は難しいため、使うオカリナの気質を変えて取り組む。


携帯に録音すると「置き」を意識するとやたら響き過ぎて聴きにくい音なのだが、「吹く」に意識を変えると同じオカリナでも不思議と携帯に無理をさせない気がする。

それは前の日記でも書いたネコさんの反応にも通じるのだろうが、「吹く」は出てくる音の周波数的にやや狭まってマイク的には聴き取りやすくなるのかなと。(ねこに小判草さんのコメントは重要なヒント。)

ただ、人間の耳には感じ取る音の範囲は携帯のマイクとは違うはずで、生音を第三者に聴いてもらったほうがいいのだろうなという気がするが、ステージで吹く方が気質の違うオカリナを持ち替えると聴こえ方はまるで違うのは明らかであるし、
この問題は難しい。

今のところ私の価値観修正は、「やりすぎてもいかんのかな」という方向性に転換していて、「置き」裏息重視性は少なくなってる。


ただ、たまに「ど裏息」でオカリナを裏ロビーで吹いたりしてる時に「どこのオカリナだ」と寄ってきて質問責めに遭うことあるから、ほんとはどっちに意識を向ければいいのやら。

「置き」の息で吹いて感じる音と安い録音してチェックする音はだいぶかけ離れてしまう、その差を埋めるためにそのオカリナではハスキーになりがちな「吹き」の要素も混ぜてみたりして検討はするが、そんな小難しいこと考えたくなくなると例の「縦長歌口」オカリナの「吹き」意識に振って吹いていたくなる。

意識としては、木陰でおとなしく本を読んでいたのが、本を投げ捨てて走り回るようなものかな。


いや違うか、結構「置き」にいくと疲れるんだよ。
疲れたから走り回るは違うよななどと勝手に妄想しつつ。

今日は一日中練習してまして、
昼間だから裏息ピッコロも久々に出動。

息が余ってキツイ(T ^ T)

「吹く」系オカリナに甘えすぎてたんやなぁ。
最近おなかも出てきたし(笑)

話は逸れましたがヒロミチはバランスは評判どおりいい感じです。きれいに鳴るし。
裏息使わないから体力消耗もしないし。
すごくラク。

インフィニティはやっぱ裏息気質浅いとはいえ体力吸われる気質あるわ。
どっちがいいとかじゃなく完全に棲み分ける。




亜音のほうは絶大な安定感と安心感で拡散性を要求しつつ演奏的にリスキーな曲で吹く。
(総合力活かして吹くこともしやすい)

ティアーモ黒陶イタリアーナソロはパワー重視ながら亜音に続く価値観。

ヒロミチはサラリと軽やかに曲を流す
高音を出すときの角度の死角(空振り)は亜音やティアーモよりはちょっとあるので、軽めに演奏姿勢は意識する。(そのぶんサラリとクリアな傾向)

インフィニティ(初期)は表息では出せない隠れた音色を引き出しながら軽やかにサラリと吹きたい時に使い
インフィニティ(後期)は響かせ要素は初期ほどはないもののどしりと腰を落ち着かせた息遣いで本領を発揮する。

ピエタだとどっしり腰を落ち着かせて響きを引き出しつつ音色と相談しながら、、、



という感じなのかな。

そういや
意外だったこと。

高出力なティアーモ黒陶ソロと比較して意外と息の弱い土心が携帯マイク負荷が大きく(裏に重きを置くと)、ティアーモはパワーの割には携帯が録音を余裕で受け止めたのが驚く=今回のテーマはコレ)

コンサートで
オカリナの音色はどう聴いてますか?


耳で聴いてますか?
心で聴いてますか?
身体で聴いてますか?




身体で聴ける音色ってのが一部の奏者から発されています。
その感覚の違いを意識されたことありますか?

そういう奏者は3割いるかどうか、あまり多くないのですが、私もそんなオカリナ吹き目指したいと思っています。

観察してると、演奏者がその音を発してるのがどんなオカリナがそうなのか、っていうのは見てると傾向はかならずあるんで見ておくといいです。


ちなみに、表息系では亜音とティアーモ黒陶、TNGは可能だと読んでいます。

(オオサワアイは曲中亜音エルと並行して使われてる方がいましたが、身体で聴く感覚は皆無でした。)


意識して音色の質と身体の反応にも注意してみてください。








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。