夢見る力

テーマ:
あたなが夢を描き、描いた夢を実現するためのSTEP
~あなたの人生はあなた自身のもの、あなたが素敵に輝く人生を歩むために~

こんにちは。なおみです。
突然ですが、あなたの夢はなんですか?


実は私はこれに答える事ができない子どもでした。
小学校6年生のとき、夢を書くと言う課題をだされました。
しかし、私には夢がなく書くことがありませんでした。
困った私は隣の友人の書いた夢をそのまま写しました。

「小学校の先生になりたい」

課題はクリアーしました。
ですが、ずっと心の中でわだかまりとなって残っていました。

「私は何をしたいのだろう?」

夢のないわたし自身に落胆していました。
当時の私には、夢見る力もなければ夢を描く力すらなかったのです。
それは何年にもわたりました。



大学に進学すればしたい事が見つかる?
4年間でしたいことを見つければいい。

楽しい事や刺激は増えましたが、やはり私自身が何をしたいかを見つける事ができませんでした。

ただ憧れていたのは、

ウエディングドレスに袖を通し幸せを手にいれること。
親友の誰よりも早くにウエディングドレスに袖を通しました。
夢の時間はあっと言う間。魔法の時間でもありました。
これは唯一、私の描いていたマッチの少女の灯りの様なかすかな夢であり、
現実から逃げ出すための夢でした。
ウエディングドレスを脱げば元の世界。
いえ、憧れていた夢がなくなってしまったのです。

同じ夢でも、一瞬の魔法、現実からかけ離れた憧れ、妄想という表現が近いでしょうか。

私が今、ここでお話したい夢は

将来に実現する現在まだ到達していない理想、
将来になりたい姿、
得たい自分の姿です。

一瞬で消えてしまうものではありません。

現実に手に入れることができ、あなたの心が満たされていくことができる夢です。

その夢を描き実現するための日々、

それはあなたが輝きあなたの人生を生きることにもなるのです。

ペタしてね
AD