2017年08月10日(木) 12時39分06秒

VW・ゴルフトゥーラン スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は現在の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンの

ゴルフ・トゥーランです。

 

 

 

純正スピーカーにナビをカロッツェリアのサイバーナビに交換された状態で

入庫となって、ベーシックパッケージの取付けと、ベーシック防振の施工の、

Wパッケージの作業を行いました。

 

 

 

まずはドアの内貼りを外して、ベーシック防振の施工を行います。

 

 

 

インナーパネルの内側の外板裏に防振メタルを貼って行きます。

 

 

 

インナーパネルの表の響く部分にも防振メタルを貼ります。


 

 

片ドア8枚ほど貼り、左右合わせて16枚貼り付けて、金属の余分な響きを

落として、音質アップと静粛性アップを図ります。


メタルはただの金属の塊ではなく、共振点の違う金属を重ね合わせて、広い

周波数を吸収する様に出来ています。

 

 

 

そして内貼りを組み付けたらドアの作業は完了です。

 

 

 

続いてサイバーナビを一度取り外して、裏からPSTケーブルで音信号を取り出します。

 

 

 

取り出した信号は助手席シート下に取付けるピュアコンに送ります。

 


ピュアコンではインピーダンス特性と周波数幅をコントロールして、純正ドア

スピーカーと後つけツイーターに分配されます。


ダッシュにはスタンドを使って角度を付けて、ピュアディオブランドのATX-25

を取付けました。

 

 

見た目は小さくても意外と音域が広いので、音を聴かれた方はビックリされます。



全ての決線が終わったらサイバーナビの音意調整を行います。


まずタイムアライメントは全てゼロにしてからスタートします。

 

 

 

 

CDを数種類替えて音を合わせて、先日フジテレビのスカッとジャパンで

再現ドラマの中で使われていた上妻宏光さんのソリチュードも使用します。

 

 

ソリチュードは三味線とピアノのシンプルな演奏で、楽器の個別の音を合わせる

時に使います。

他にはバンド演奏で迫力あるビームスや、上妻さんのボーカルが入っている田原坂

など1枚のCDの中からでも追いかけている音が違い、それらが生音に近いか確認

して、他の音源も聴いてトータルで音を合わせています。


ゴルフトゥーランの取付は以前に実績があるのですが、その時のツイーターがJBL

のP560だったために、今回のATX-25に合わせて15種類あるブラックボックスの

中から4種類の試し聴きを行って、最終的に1個に絞りました。

 

 

 

 

最後の最後にサイバーナビのイコライザー調整を行って音を整えて、トゥーランの

作業は終わりました。

 

 

純正時は低音ばかり目立ちクリアーさに欠けていたトゥーランの音も、見違える

ほどクリアーになり、それでいてわざとらしさも無い自然な音に仕上がりました。



作業が終わってボンネットを開けてバッテリーをフルチャージにして、後はお客様

が取りに来られるのを待っている状態です。

 

 

 

サウンドピュアディオはフォルクスワーゲンに乗っておられるお客様が多く来店

されていて、VW車に強いお店と言っても過言ではないでしょう。



追伸

そういえば今日は札幌店にフォルクスワーゲンマガジンの取材が来る日ですが、

札幌からはまだ連絡が無く、撮影の時のVW車が並んでいる写真を送っ欲しいと

頼んでいます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります