2017年08月03日(木) 14時42分36秒

BMW2・グランツアラー カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は、現在の宇部店の作業からBMWの2シリーズ・グランツアラーです。

 

 

 

異型パネルの専用ナビオーディオ付きのお車に、以前スピーカー交換を行なっておりましたが、今回は

システムアップの作業を行いました。

 

 

 

前回の作業ではダッシュにピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて・・

 

 

 

ドアのスピーカーをJBLのGX302に交換するベーシックパッケージの作業を行っていました。

 

 

 

ストロボで撮影したらオレンジのツイーターが見えますが、ここは鳴らない様にしてスコーカーとして使用して

います。

 

 

 

もっと音を良くしたいという事で再び入庫されたのですが、

この位置は10センチを入れるとグリルの開口部が少なくて跳ね返りを起こして、

同じJBLでも上のタイプの8.7センチはマグネットが大きくて後ろの空気の流れが悪くて、

結局一番安いGX302を推奨している訳で、自分自身もあれこれピーカーを変えて一番GX302が音が

滑らかで自然なので、これを使っています。

 

 

過去にこれよりも良いスピーカーが有ったのですが、かなり前に製造が終わっていて、入手が不可能なので

、他に手が無い状態です。

 

 

ちなみに単品で高性能なユニットはいくらでもあって、この位置に装着した時点で一部の音域に抑圧感を

感じて、全体的にこれみよがしな音になるので、生の音を知っているとそれは選べないというのが現状です。

 

 

ベーシックパッケージにプラスして行なっていたのが床下のウーファーの交換で・・

 

 

 

2のグランツアラーではサイズに余裕があるのに薄型のウーファーが付いていたのを・・

 

 

 

JBLの16.5センチのP660のウーファーに交換しました。

 

 

 

 

このサイズは現行の3シリーズの床には入らないので、自分としてちょっとうらやましいですね。

 

 

ここまでは前回の取り付けで、お客様からもっと音質をよくしたいとのご要望があって、ダッシュのツイーター

をJU60に交換しました。

 

 

 

ワンオフでワイドスタンドを製作して取り付けましたが・・

 

 

ツイーターを交換して周波数レンジを広げただけですが、他とのバランスを取り替えるためにピュアコンの

ユニットを交換してバランスを取り直しました。

 

 

 

以前の取り付けではあれこれユニットを交換して音を合わせたのに・・

 

 

 

 

ツイーターが変わってレンジが広くなった分スコーカーのレンジを狭くして、それでバランスを取るだけで

これだけのユニットを交換して聴いて、それで一番良い値を選びました。

 

 

 

 

ツイーターを替えただけなのに、スコーカーのパーツの値だけでなく、何故かウーファーのパーツまで

替えないとバランスが取れなくて、ツイーターのマッチングも同じ周波数幅でもコイルとコンデンサの比率を

変えて、インピーダンスをやや上げ気味で音に深みを出したり、インピーダンスを下げてスパッとキレのいい

高音にしたりとレベルだけではなく音色を調整して、生演奏や生の声により近い音にセッティングしました。

 

 

最後にナビオーディオのバス・トレブル・フェダーを調整して完成です。

 

 

コイルをあれこれ交換している時にピットの温度・湿度計を見たら気温25度の湿度23%で、かなり良い

コンディションで作業を行っていました。

 

 

 

2シリーズは点検のためにカーポートしたに移動して、

夕方にお客様が取りに来られるのを待っている状態です。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります