2017年07月26日(水) 14時05分25秒

ノートeパワー カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

 

今日ご紹介する1台は現在の宇部店の作業から、日産のノートeパワーです。

 

 

 

新車の買い替えを期に新しく購入された物と、これまで持たれていた物の移設を含めてフルシステムの取り付けを行いました。

 

 

 

 

ドアはフル防振の後にアウター・スラントのバッフルを製作して、以前からお使いだったピュアディオブランドのZSP-MIDを装着しました。

 

 

 

ダッシュにはワイドスタンドを製作してJU60を移設して取り付けて・・

 

 

ラゲッジには22リットルのエンクロージャーにピュアディオマーク付きの25センチウーファーを移設して取り付けました。

 

 

パワーアンプも以前のお車から移設して取り付けていますが、チャンネルディバイダーとイコライザー機能を持ったデジタルプロセッサーは最新の物を取り付けています。

 

 

 

先日分解してチューンしていたこのモデルです。

 

 

 

アンプやプロセッサーは上にボードを作ってカバーして・・

 

 

 

ウーファーの上にグリルを作ったらラゲッジ周りは完成です。

 

 

 

ナビにエージングCDを入れてしばらく鳴らしていなかったスピーカーをウォーミングアップして、イコライザーをフラットのままでパソコンをつないでリアのプロセッサーで音調整を行います。

 

 

 

同じフラットでもパッケージされたフラットとカスタム部分をフラットで使うのでは微妙に音質が違って・・・

 

 

 

今回はカスタムをフラットにしてプロセッサーに送り、そこでフロントの中高音を取り出して、サブウーファーに低音のみを送って、フロントとサブウーファーに別々にイコライザーパターンを入れています。

 

 

 

チャンネルディバイダーやイコライザーの調整以外では、グローブボックス下のピュアコンのパーツを交換して、細かく音の表現を変えています。

 

 

 

イコライザーではレベルの上下が調整出来ても、インピーダンスが調整できず、明るい暗い、軽い重たいという音色に変わる部分を調整しています。

 

 

全ての調整が終わってピットからカーポートに移動して、ホースでドアに水をかけて雨漏りチェックを行ないました。

 

 

 

以前はこの取り付けで大丈夫でしたが、近年のゲリラ豪雨で雨降りのレベルが変わった為、これまで以上に使う水の量と時間を増やしてチェックしています。

 

 

全てのチェックが終わり、後はお客様が取りに来られるのを待っている状態です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります