2017年07月24日(月) 13時50分29秒

180系クラウン カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

 

一ヶ月ほど前にお客様が180系のクラウンから他の車に買い替えられるので、オーディオフルシステムを

ノーマルに戻して売却されるという事だったので、ピュアディオでデモカーとして使うために買わせて頂きま

した。

 

 

 

セカンドカーであまり乗られていなかったので、11年で47000キロ台で、最初からフルシステムが乗って

いるので、フルシステムのお客様の代車に使っていたら、48000キロ台になっていました。

 

 

まぁフルシステムのデモンストレーションも滅多に行わないので、ほとんど代車で出ていて、ただエンジンが

3.5でアクセルを少し踏んだだけでもビュン!と出るので、スロコンを付けてやんわりスタートにしようか

な?と思っています。

 

 

 

システムはお客様が以前使われていたデッキやスピーカーは取り外して、新しいお車に移設していて、

純正の2DINスペースにはカロッツェリアのサイバーナビの1DIN+1DINのモデルを取り付けました。

 

 

 

ディスプレイを開けるとこんな感じです。

 

 

 

ダッシュには以前にお客様が防振メタルを貼られていましたが、ここを剥がすと下のレザーに影響しそう

なので、そのまま取り付けています。

 

 

 

スピーカーはアウター・スラントのバッフルが組んである所にZSP-LTD15を取り付けて、もちろんアウター

製作時にドア内のフル防振の施工はされています。

 

 

 

ダッシュにはATX-25ツイーターを取り付けています。

 

 

 

ZSP-LTD15とJU60の組み合わせは他のデモカーでも聴けるので、そこはあえてATX-25との組み

合わせにしています。

 

 

180系クラウンのリアトレイには20センチウーファーが付いていて、そこを取り外して22リッターのエンク

ロージャーを取り付けて25センチウーファーが取り付けてあります。

 

 

 

ラゲッジ下にはパワーアンプとプロセッサーが組んであって、車全体で3WAYのフルシステムを形成してい

ます。

 

 

純正の2DINデッキはラゲッジ下まで延長して来ていて、ここまで仕上がった車をノーマルに戻してそれなり

の価格で売却されるのがもったいなくて、「それ、うちで買います。」と名乗り出ました。

 

 

 

それと購入した時はタイヤ交換の必要があったので、宇部店の隣のカタヤマタイヤさんでダンロップのビューロ

・VE303に交換しました。

 

 

 

デモカー・代車はレグノかルマンVばかりなので、前から気になっていた吸音スポンジ入りで静かだという

VE303にしたのですが、同じメーカーのルマンVを高級にしてグリップ力を上げた様な感じです。

 

 

クラウンは代車で出ている事が多く、自分はあまり乗っていないのですが、乗られた方からエアコンの臭いが

気になるとの事だったので、近日中にトヨタディーラーに出してエアコン内のクリーニングを行ないます。

 

 

 

180系クラウンが現行だった頃にデモカーとして持っていたので、「前のデモカーが帰って来たのですか?」

と聞かれる事がありますが、あの時は白だったので、これは全く別なクラウンです。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります