2017年07月17日(月) 15時14分35秒

マツダ・フレア スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

 

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業から、マツダのフレアです。

 

 

スズキのワゴンRのOEM兄弟車です。

 

 

マツダ純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック

防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 

 

まずドアの内張りを外して、何も貼ってない外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せます。

 

 

 

フレアの外板裏は入り組んだ構造の部分の高い響きの場所と、単純な平面の低い響きの部分があります。

 

 

 

事前に高い響きの中心と低い響きの中心が調べてあり、手順書に従って決められた場所に決められた材質

を貼ると、最も効率が良い防振が出来る様になっています。

 

 

 

片ドア合計8枚のメタルとマットを貼ったら、内張りを組み付けてドアの作業は完了です。

 

 

 

続いて純正ナビを取り外して、ナビ裏から音信号を取り出して、PSTケーブルにつないでグローブボックス

下のピュアコンに送ります。

 

 

 

グローブボックス下には先代のワゴンR・フレア専用にチューンされたピュアコンを取り付けていて、ドアスピー

カーのインピーダンスをやや上昇させて重みを持たせ、制限なく高音域まで鳴っているのを中音域以下の

再生にしています。

 

 

 

ツイーター用の出力は周波数幅とレベルとインピーダンスをコントロールして、ドアの下の方に付いている

16センチスピーカーとピッタリマッチングが取れる様に設定してあります。

 

 

ダッシュには丸い純正のツイーター位置がありますが、そこはガラスの反射で音が荒くなるので使わず・・

 

 

 

グリルの横にピュアディオブランドのATX‐25ツイーターをスタンドを使って角度を付けて取り付けています。

 

 

 

この位置で25ミリの外ドームツイーターを使うと、かなり広がりのある高音を再生出来ます。

 

 

ピュアコンでかなり音を追い込んでいますが、純正ナビのイコライザーを使って、ほんの少し各周波数の

レベル調整を行って、マツダ・フレアの作業は終了しました。

 

 

 

純正の時はドアに残響が残ってボリュームを上げてもあまり音が迫って来ず、純正ツイーターとドアスピー

カーで同じ音域が違う方向でなってキャンセルされて薄い音域があったのが、ベーシックのWパッケージ装着

で音がぐと前に出て来て、更に生演奏や生声に近い音に変える事が出来て、快適な仕様になって出庫され

ました。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります