2017年07月09日(日) 12時54分14秒

ホンダNーWGN カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

 

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業から、ホンダのNワゴンです。

 

 

 

ラグビーワールドカップ記念仕様の軽自動車なのに白いナンバーです。

 

 

ケンウッドのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック

防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 

 

まずはドアの内張りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せます。

 

 

 

次にナビからPSTケーブルで音信号をグローブボックス下までひいて来て、Nワゴン専用チューンのピュア

コンにつないで、周波数幅とインピーダンスを調整して純正のドアスピーカーと後付けツイーターに分配し

ます。

 

 

 

ダッシュ上の何も付いていない場所に・・

 

 

 

スタンドを使ってピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けました。

 

 

 

Nワゴンのドアスピーカーはリスナーから見てかなり下に付いていて、グリルの音ヌケも悪いので、コイルの

巻き数をかなり少なめにして上限音波数を伸ばしています。

 

 

 

巻き数が極端に少なくていいからと、逆になくしてしまうとそれはそれで変で、絶妙なニューニングが必要に

なります。

 

 

Nワゴンは発売直ぐに実車を買って実験して確認しているので、その絶妙なニューニングは多くの方から

好評を頂いています。

 

 

 

ここまではスイスイと作業は進んだのですが、デモカーと差異があって、助手席のシート下にカー用品店で

取り付けたパワードのウーファーが付いていて、ドアスピーカーの音の下の方の周波数とウーファーの音域

がかぶさっていて、低音の量は出ていても解像度は低いという状態になっていました。

 

 

 

こんな場合はLCTというパーツを取り付けて、ミッドの下限周波数に制限をかけて、ゲインも上限周波数の

設定もマックスになっていたウーファーのコントロールを、ゲイン半分上限周波数は70から80ヘルツぐらい

に設定しました。

 

 

 

そしてイコライザーの設定も変えて音を整えて、一度お客様に聴いて頂きました。

 

 

 

お客様は運転席で自分は助手席に座って、「ウーファーのゲインを上げれば量は増えますが、クオリティは

下がるので、この辺がちょうど良いのでは・・」とご説明しました。

 

 

 

実はお客様が好きなアーティストの女性ボーカルの方と自分はお会いして生の声を聞いた事があって、

しかもラジオ番組の打ち合わせで直接携帯に連絡を取っていたので、本人の写真入りのラインが自分の

携帯にある状態でした。

 

 

普通カーオーディオ専門店のオーナーがエイベックスのアーティストの声を生で聞くことはありませんが、

ラジオ番組の制作の関係で本人お声を知っているので、誰も知らない声を自分だけ知っているという、ある

意味反則の音調整です。

 

 

ベーシックのWパッケージとLCTの追加でNワゴンのオーディオの音はかなり生音に近づいて、お客様は納得

して宇部店を後にされました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります