2017年07月07日(金) 11時16分47秒

ノートeパワー  スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

 

今日ご紹介する1台は昨日の宇部店の作業から、日産のノートeパワーです。

 

 

 

現在外見がこんな感じなので、トップはカタログからのガソリン車のブルーの画像を借用致しました。

 

 

 

カロッツエリアのサイバーナビを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージの取り付けと、前後の

ドアのベーシック防振の施工のトリプルパッケージの作業を行いました。

 

 

 

まずはフロントのドアの内張りを外して、防水シートも一度剥がして・・

 

 

 

外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せます。

 

 

 

リアの内張りも外して、同じ様にメタルとマットを貼り合せます。

 

 

 

ノートeパワーは実車を買って手順書を作っているので、図面に従って決められた場所に決められた材質を

貼れば最も効率的に響きを抑える事が出来ます。

 

 

この車はグレードがメダリストなので、うちのデモカーには無いリアスピーカーが付いていました。

 

 

他にはメダリストならではのアームレストが付いていて、うちのノートにアームレストを追加しようと思ったら、

ガソリン車はコンソール側に付くのに、eパワーはシート側に付いているので後付けが出来ませんでした。

 

 

 

社外品のアームレストを一度付けましたが、どうしてもしっくり来なかったので今は外しています。

 

 

これからeパワーを購入される方はここは事前に気をつけておいて下さいね。

 

 

話が横にそれてしまいましたが、内張りを組み付けたらドアの作業は完了です。

 

 

 

そしてサイバーナビから取り出した音信号をグローブボックス下にひいて行き、ノートeパワー専用と言いたい

ところですがガソリン車も共通なピュアコンに接続して、周波数幅とインピーダンスを制御して純正ドアスピー

カーと後付けツイーターに分配します。

 

 

 

ツイーターはおなじみのピュアディオブランドのATX‐25です。

 

 

 

サイバーナビを作動させてエージングを行い・・

 

 

 

調整用CDを使ってイコライザー調整を行いました。

 

 

 

ピュアディオではノートeパワーが発売されて直ぐに購入して実験して・・

 

 

 

その2年半前にガソリン車のノートも購入していて、データ取りしていますが、実際に電源環境以外のドアの

響きなどは全く共通でした。

 

 

 

普通は音が悪いと言われている日産純正のドアスピーカーも、インピーダンスをコントロールして、こもり

やすい周波数を再生しない様にすると驚く様な良い音になります。

 

 

 

トレードインスピーカーの様に意図的に強い音域と弱い音域を作って、メリハリを利かせている物よりは自然

に音楽を聴く事が出来ます。

 

 

ちなみに日産純正のスピーカーを細いスピーカーケーブルを太くして音を良くしようとしたら、妙に音が厚く

なってバランスが悪かったので、これはこの太さで最初から考えてあるのだなと元に戻した事があります。

 

 

 

これもデモカーを買って自前で実験しているからこそ、自信を持って言える事です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります