2017年07月05日(水) 11時58分44秒

BMW5シリーズ(G30) スピーカー交換

テーマ:日々の雑想

この前の日曜日にG30の5シリーズにお乗りの方から電話があって、デモカーを

試聴したいというご希望だったのですが、福岡店に移動させていて仕事の合間に

作業を行っていたので、自分が急遽福岡店に移動して、音調整をしてきちんと

デモンストレーションが行なえる様にしました。

 

 

 

 

宇部店で作業を行っていたのは、ドアスピーカーと床下ウーファーはそのままで、

ダッシュにATX-25ツイーターとトランクにピュアコンを取り付けてマッチング出

している仕様でした。

 

 

 

ここで一度音がまとまっていたのを一度ドアの内張りを外して、純正スコーカーを外して・・

 

 

 

JBLのGX302の8・7センチのコアキシャルのツイーターカットに交換しました。

 

 

 

10センチのグリルに見えても内側が正味10センチないので、8・7センチで跳ね

返りが無い状態で鳴らしています。

 

 

 

ドアスピーカーが変わったので、ピュアコンのユニットもあれこれ変えて音を

追い込みました。

 

 

純正スコーカーでは気にならなかったセンターチャンネルの音が、スコーカー交換で

聴こえ方が変わって、センターチャンネルにコントロールを加えました。


また前後のストロークが増えてドアのローエンドが伸びたので、ここにもコントロール

を入れました。



ツイーター⇒スコーカーと交換して来たら、次は床下ウーファーも交換して3WAY全て

を後付けユニットにする実験を行ないました。


まずは16・5センチのJBLユニットを使ってみたら、エンクロージャーの容積が足らなく

てスコーカーと別々に聴こえて、マッチングが悪いので外しました。

 

 

 

 

次にフォーカル製の薄型ウーファーに交換してもマッチングが悪いのでこれも外して・・

 

 

 

結局G30の純正ウーファーが一番マッチングが良いので、ノーマルに戻して

作業を終了させました。

 

 

もう1台のデモカーのF31のウーファーに比べたら、今回からウーファーの構造が

変わっていて、今のところこれが床下で一番マッチングが良い状態です。



ここまでの作業を整理すると、ツイーターのみ交換のベーシックパッケージが

税別88000円で、スコーカー8・7センチに交換とインナーのレインガード付き

バッフルと下限コントロールとセンターチャンネルをコントロールするパーツと

工賃を加えて税別121000円の2タイプのパッケージの設定が出来ました。



デモカーのG30は更に作業を進めて行き、現在のインナーで8・7センチを

アウターバッフルかグリル直付けで10センチサイズを表に取り付ける仕様

に変更して行きます。

 

 

 

 

現行の3シリーズを表組みにするとそれでなくても強い中音域が更に強調されるので

行なわず、現行の5シリーズの様にスコーカー位置が中央よりもやや下でこれまでより

は中音域が目立たなくなっているので、10センチの表組みにチャレンジして行きます。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります