2017年06月17日(土) 21時07分28秒

マツダ・アテンザ BOSEサウンド車の音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業からマツダのアテンザです。




マツダ純正のサイバーナビベースの物が装着された状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取付けと、ベーシック防振の施工のWパッケージ

の作業を行いました。





車両に多チャンネルアンプが付いて、インピーダンスが特殊なBOSEサウンド

システムのお車で、低音の量ばかり出て透明感が無い部分が不満でご来店さ

れました。





ドアにはフロントマグネットの薄型20センチサイズのウーファーが付いていて、

車両アンプから低音のみが送られていて、中高音はダッシュのスコーカーと

ツイーターで鳴らしています。





低音の量が出ている割には外板裏に対策がしてなくて、残響が気になるので、

防振メタルと防振マットを貼り合わせて響きを抑えます。



音質面の改良だけでなく、ロードノイズの進入も防ぐので、車内も静かになり、

音楽を聴きやすい環境になります。



ドアの作業が終わったらハンドル下を分解して、小型のデジタルアンプを取り

外して、音信号を取り出してピュアコンに送ります。





グローブボックス下にはMDF板を敷いて、その上にアテンザのBOSE仕様の

マツダコネクトではないタイプ用のピュアコンを取付けています。



マツダコネクト有り無しではアンプの特性が変えてあって、ピュアコンの内容が

違うので、年式を間違えると各スピーカーのレベルが全然合いません。



それとアテンザのBOSE仕様にはセンタースピーカーが付いていて、センター

の調整とドアのウーファーの調整と、ダッシュのスコーカーと後付けツイーター

の調整で、合計フロント7個のスピーカーの調整をピュアコンで行っています。





ボーカルや楽器の音色を決めるのに一番重要なのはダッシュの純正スコーカー

と角度を付けて取り付けているピュアディオブランドのATX-25ツイーターで、

ステレオ効果でスピーカーとスピーカーの間に音が浮いて来るために、センター

スピーカーの音が邪魔になって来るのでレベルダウンしています。





全ての結線が終わって音が鳴る様になってから、エージング用CDでスピーカー

を慣らしてから音調整に入ります。

サイバーナビがベースなのでセットアップ画面はいつものこの画面ですが・・





先に進むとマツダBOSE用に調整機能が省略されています。



これはスピーカー出力とRCA出力の中間の車両アンプ専用の出力を使うと

この表示になり、イコライザー調整が出来ないのでピュアコンで7スピーカー

をコンロールしています。



事前に予約して頂いていたので、当日預かりの当日出庫で作業を進めて、

夕方には出来上がってお客様に試聴して頂きました。



すごく音がクリアーになって、全てのスピーカーのレベルも絶妙に調整して

あるので、お客様には大変喜んで頂きました。


視聴されたアーティストさんは自分は実際にお会いして、生の声を聞いた事

がある方で、他にも多くのアーティストさんの生声を聞いているからこそこの

音が表現出来ます、とご説明しました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります