2017年05月24日(水) 10時56分33秒

トヨタ・アクアG’s スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、トヨタのアクアG’sです。

 

 

 

 

アクアG’s専用のアルパインのビッグⅩを装着した状態で入庫となって、

ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振の施工のWパッケー

ジの作業を行いました。

 

 

 

 

 

まずはドアの内張りを外して、防水シートを一度剥がして外板裏に

防振作業を行います。

 

 

ベーシックパッケージですからドアスピーカーはそのまま使用しますが、

見た目の地味さに反して、鳴らす環境を整えればクセの無い綺麗な音

を再生する事が出来ます。



アクアの外板裏は何も貼ってなくて、スピーカーの振動でかなり響きますが・・

 

 

 

 

防振メタルと防振マットを組み合わせて、ドア全体の響きをスムーズに落とします。

 

 

響きの中心をピンポイントで抑えているので、ドアの重量が一般的な

デッドニングに比べて重たくならず、ブジルゴムの使用量が極端に少

ないので、小気味良い音が再生出来ます。



ドアの上部には純正ツイーターが付いていますが、こちらはサイズが

小さく指向性の幅も小さく、音域も狭いので使用しません。

 

 

 

 

高音以外をカットするフィルターも質感が悪いので、細かい音の表現も出来ません。

 

 

 

ツイーターを鳴らない様にした後に内張りを組み付けて、ドアの作業は完了です。

 

 

 

ダッシュ上にスタンドを使って角度を付けて、ピュアディオブランドのATX-25

ツイーターを取り付けました。

 

 

 

 

ツイーターの質感にプラスして、取り付け位置も手前の横からかなり前に移動して、

ダッシュから外ドームの拡散するタイプのツイーターで音を降りそそいでいます。

 

 

 

ビッグⅩから音信号をグローブボックス下のアクアのフロント2WAYスピーカー

専用チューンのピュアコンにつないで、周波数レンジとインピーダンスと、ツイー

ターレベルをコントロールして4つのスピーカーに送ります。

 

 

 

同じアクアでも元が2WAY車とフルレンジ車で、ピュアコンのチューンが

微妙に変えてあります。



最後にビッグⅩの音調整機能を動かして音を追い込みます。


車種別の専用チューンは純正スピーカー用で、しかも運転席のステージング

重視で不自然な音だったので、全てゼロにして一からセッティングをやり直し

ました。

 

 

 

 

イコライザーは最初に動かす周波数を選び、そこから動かす幅を選んだ後に

レベルを動かすパナメトリック法式で、グラフィック式に比べたらかなり調整に

時間がかかります。
 

 

 

 

あれこれ動かして音を追い込んで、納車の前に一度お客様に試聴して頂いて、

音の仕上がりにはとても満足して頂きました。

 

 

 

個性的なイエローのアクアG’sにこだわりのサウンドをプラスして、特別な1台に仕上がりました。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります