2017年05月08日(月) 14時02分31秒

マツダ・新型CX-5 スピーカー交換

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、マツダの新型CX-5です。

 

 

 

全車マツダコネクトの専用ナビオーディオ付きのお車で、ベーシックパッケージの取り付けを行いました。

 

 

 

 

純正スピーカーは16センチのフルレンジスピーカーで・・

 

 

 

ダッシュの上にはツイーターは付いおらず、先代にダッシュのグリルもなく鳴っているので、ベーシックパッケ

ージにのための様なダッシュの作りです。

 

 

BOSE仕様はピラーにグリルが付いているそうなので、標準仕様はスッキリしたデザインです。

 

 

 

ピラーを一度取り外して、ピュアディオブランドのPSTケーブルをはわして・・

 

 

 

 

スタンドを使って25ミリサイズのATX-25ツイーターを取り付けました。

 

 

ツイーターの写真を撮り忘れたので、先月の札幌店の作業の写真で代用します。

 

 

 

もう一枚撮り忘れたのが車両アンプの部分で、こちらも札幌の画像から直接信号をPSTケーブルで取り出し

ている所です。

 

 

 

 

ドアスピーカーは最初は16センチフルレンジが付いていたのですが、音質アップしようとディーラーでオプ

ションのダイアトーンのコアキシャル2WAYに交換されていたのですが、あまり音が変わらなかったという

事で宇部店に来店されていました。

 

 

ここをツイーターの配線をカットしてミッドとして使い、そこにATX-25と合わせて2WAYにする方法と、

純正フルレンジに戻して2WAYにする方法がありますが、ダイアトーンは音にクセが強いので純正に

戻したいとお話しました。

 

しかし外された純正はディーラーで捨てられたみたいで、純正に戻す方法は無くなりました。

 

 

そこでJBLのGX600Cのセパレートスピーカーの16センチミッドに交換して、純正ミッドよりも解像度が

高く。クセの無い音にする事が出来ました。

 

 

 

ダイアトーンのコアキシャルを外すとちょうどJBLの16センチに合うインナーバッフルが付いていたので、

それをそのまま使用しました。

 

 

 

 

新型のCX-5は取り付け実績はあるものの、前回はいきなりアウターでISP-130だったので、今回の

インナーとは全く条件が違うので・・

 

 

 

ピュアコンのパーツの組み合わせを一から探り出しました。

 

 

 

 

入庫時はトレブルを上げてもまだかったるい状態だったのが・・

 

 

 

ベーシックパッケージとJBLミッドを装着した後には、低音を1クリック下げて、高音を1クリック上げた所が

最も生音に近い状態になりました。

 

 

 

完成後に外でエンジンをかけて、お客様に音を確認して頂きましたが、ダイアトーンスピーカーに比べて

全ての音域に対して改善がされていて、仕上がりにとても満足して頂きました。

 

 

 

 

 お客様がお聴きの音源の中には自分とお付き合いのあるアーティストさん2名の方の楽曲があって、

どちらのアーティストの方も実際にお会いして生声やPA無しの生演奏を聴いている方で、デモカーに

乗って音を聴いて頂いている方でした。

 

 

ボーカリストのKさんは、「まるでマスタリングスタジオで聴いている様だ。」と言われていましたが、

マスタリングを行なったスタジオの音は別なアーティストさんのマスタリングに立ち合わせて頂いて、

そこの音色は熟知しているので当然といえば当然です。

 

 

そんなアーティストさんとのお付き合いがあるからこの音になったという事をお客様にご説明して、

納得されて宇部店を後にされました。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。