2017年04月29日(土) 11時36分59秒

トヨタ・アクア カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業からトヨタのアクアです。

 

 

 

 

 

トヨタ純正のナビオーディオ付きの状態で入庫となって、ベーシックパッケージの

取り付けと、ベーシック防振の施工と、ドアスピーカーの交換のトリプルパッケージ

の作業を行いました。

 

 

 

 

 

アクアは16センチのフルレンジスピーカー車と、ドア上部にツイーターが付いた

2WAY車の二種類がありますが、今回は2WAY車のお車のツイーターを外して

ベーシックの施工を行なっています。

 

 

 

 

まずはドアの内張りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せて、その後

に純正スピーカーを外してミッド交換を行ないます。

 

 

 

 

今回使用したスピーカーはピュアディオブランドのISP-130の13センチサイズで、

サイズを絞る事で濃い中音域の再生が可能になりました。

 

 

 

 

ツイーターはダッシュ上にスタンドを使って角度を付けたピュアディオブランドの

ATX-25を取り付けました。

 

 

 

 

 

純正のツイーターは取り外して、裏から金属シートで塞いで、ATX-25の鳴りにつら

れて微弱に鳴るのを防いでいます。

 

 

 

 

外したツイーターは指向性の直進性が高い構造で、これが横から鳴っていても理想

的な鳴り方とは言えません。

 

 

 

 

次に純正ナビオーディオから音信号を取り出して、グローブボックス下のピュアコン

に送ります。

 

 

 

 

ベーシックパッケージではフルレンジ車と2WAY車でそれぞれ決まった値があるの

ですが、今回は鳴らしながらパーツの値を探りました。

 

 

 

 

棚からパーツを取って来てはつないで、鳴らして聴いて変えてを繰り返して、ベストな

ツイーターの幅とレベルと、ミッドの上限周波数をどこに設定するかを決めます。

 

 

 

 

ツイーターとミッドのつながりが決まったら、次にナビオーディオのイコライザー調整

を行います。

 

 

大きく動かすというよりは、ほんの少し補正するという動かし方で、後一歩の音の

追い込みを行ないました。



システム自体はシンプルですが、しっかりと手をかけて限界まで生音に近づけて、

アクアは納車されました。

 

 

 

 

 

 

追伸

福岡店は粕屋郡新宮町から1月に引っ越して来ているので、ナビで『サウンドピュア

ディオ福岡店』を検索すると旧店舗を案内します。


福岡東警察署を目的地に設定して頂くと、その隣に現在の福岡店があります。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります