2017年04月28日(金) 10時55分10秒

BMW・X4 カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業からBMWのX4です。

 

 

 

 

 

X3がベースのSUVクーペです。

 

 

 

全車異型パネルの専用ナビオーディオ付きのお車で、フロントの6スピーカーを当店の

デモカーと同じ内容に交換しました。

 

 

 

 

お客様は「これまで乗っていたBMWよりサイズが小さくなった様な気がする。」と

言われていたスコーカーは・・

 

 

 

 

内張りを開けたらこれまでと同じサイズで、グリルがやや小さくなったのと、やや下を

向く形で付いているのでサイズが小さく見えるのでしょう。

 

 

 

 

サイズを絞ったJBLのGX302を取り付けて、グリルの開口部とサイズを合わせて、

音が詰まった感じを無くしました。

 

 

 

 

ダッシュにはワイドスタンドを製作して、JU60を取り付けました。

 

 

 

 

純正のレバーの前のツイーター位置に比べたら、かなり音が広がる様になりました。

 

 

 

 

シート下の純正の薄型ウーファーは当社のデモカーよりもマグネットの大きいモデル

に交換して、シート下の空間も広いので、低音は伸び伸びと鳴っています。

 

 

 

 

フロントの6スピーカーにプラスしてX4はセンタースピーカーが付いていて、ここは

メーカー設定レベルだと後から取り付けたツイーターの邪魔になり、かといって全く

鳴らさないと物足りない微妙な感じです。

 

 

 

 

リアのラゲッジ横の車両アンプに手を入れて、アッテネーター回路を入れてレベル

調整を行いました。

 

 

 

 

ツイーターとミッドとバスの周波数幅とインピーダンスのコントロールはラゲッジ内に

ピュアコンを取り付けて、音を聴きながらあれこれとパーツを交換しました。

 

 

 

 

当社のBMW340のデモカーは純正が2オーム駆動のセンタースピーカー付きで、

それでマッチングを取った後にセンター無しの4オーム駆動で鳴らせる様に変更し

て2種類の実験が出来る様にして、色々なタイプのBMWのシュミレーションを事

前に行っています。

 

 

 

 

ただし、今回のX4はセンター付きで4オーム部分と2オーム部分が混じっているシス

テムだったので、時間をかけてこれまでになかったパーツの組み合わせを探しました。

 

 

 

 

ピュアコンのマッチングが決まったらバス・トレブルとフェダーの調整を行って、入庫時

には表現出来なかった素晴らしいサウンドに変身しました。

 

 

 

 

ピュアコンの部分には上にボードを作って、スッキリと収納して納車されました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。