2017年04月24日(月) 11時26分54秒

ベンツA45AMG カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業からベンツのAクラスの

45AMG4マチックです。

 

 

 

 

 

 

専用ナビオーディオ付きのお車に、フロントスピーカーの交換と、ドア防振の施工

を行ないました。

 

 

 

 

 

 

まずフロントドアの内張りを外して、マスキングした後に下処理を行なって・・

 

 

 

 

セメントコーティングを行ないました。

 

 

 

 

そしてインナーパネルに防振メタルを貼ってプラスチックの響きを静めて、スピーカー

裏に防振マットを貼り付けます。

 

 

 

 

リアドアの内張りを外して下処理して・・

 

 

 

 

こちらにもセメントコーティングを行なっています。

 

 

 

 

リアのスピーカーはそのまま使用して、インナーパネルに防振メタルを貼って、プラス

チックの鈍い響きを抑えました。

 

 

 

 

更にリアシートの下のフロアの響きの中心を見つけて防振メタルを貼って、ロード

ノイズの進入を防ぎ・・

 

 

 

 

 

フロントのシート下も同じ様にメタルで処理しています。

 

 

「ベンツだからそんなに静かにならないだろう。」と思われる方もあると思いますが、

自分がCLSが納車されて直ぐに高速道路を走った時に、「低い周波数のノイズは

取れてるけど、高い周波数のノイズが取れていない。」と感じたぐらい、音楽にか

ぶさる音域のノイズが残っていました。



スピーカーはダッシュの上にワイドスタンドを製作して、以前からお使いだった

ユニコーンツイーターを移設して取り付けて・・

 

 

 

 

 

ドアにはインナー取り付けで、ピュアディオブランドのZSP-LTD15を取り付けました。

 

 

 

 

純正オーディオのアンプはリアのラゲッジ下にあって・・

 

 

 

 

そこから取り出した音信号はラゲッジ内に設置したピュアコンの送り、ここから高音と

中低音に分離して前に4本で送ります。

 

 

 

 

全ての結線が終わって音が出る様になったら音調整を行います。


A45AMGのオーディオはロジック7という音を浮かせる機能が付いていて、オフにする

と物足りなく感じるのですが、ロジック7に頼るとどうしても元の音よりも派手に聴こえる

ので、オフの部分からピュアコンの組み合わせで音を追い込んで行きます。

 

 

 

 

またダッシュの中央にはセンタースピーカーが付いていて、ここの音はあると邪魔ですが、

無いとそれはそれで物足りなく、そこでアッテネーター回路を取り付けて、微調整を行なっ

て左右のスピーカーとのマッチングを取りました。

 

 

 

 

ドアスピーカーはリスナーからするとやや耳に近く、これまで取り付けたインナーの

LTD15で使ったコイルだと中音域の上の方の音が強く聴こえて、やや巻き数を上

げてドンピシャのマッチングを出しました。

 

 

 

 

標準オーディオもハーマンのシステムもバス・ミッド・トレブルの3トーンで、標準と違う

部分はここのトーンを動かしても音色が極端に変わらないという所です。

 

 

ほんの少しクリックを動かして、音を整えて全ての作業は終了しました。



お客様が車を取りに来られた時に音を聴かれて、「純正とは全然違う!」と驚いておられた

そうで、安直にロジック7に頼ったこれみよがしなサウンドではなくて、生演奏・生声にこだ

わった自然なサウンドに仕上がっています。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります