2017年04月20日(木) 10時36分56秒

VWゴルフⅦ スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業から、フォルクスワーゲンのゴルフⅦです。

 

 

 

長崎県からわざわざお越し頂きました。

 

 

 

異型パネルの専用ナビオーディオ付きのお車に、ベーシックパッケージの取り付けと、

ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 

 

 

ゴルフⅦの純正はディスプレイ部とプレイヤー部が分かれていて、パワーアンプはプレイヤー

の後ろに付いています。
 

 

 

 

 

プレイヤーを一度取り外し、裏にピュアディオブランドのPSTケーブルを接続して音信号を

取り出します。

 

 

 

取り出した信号はグローブボックス下に取り付けたゴルフⅦ専用のピュアコンに送り、

純正のドアスピーカーとダッシュの後付けツイーターに送ります。

 

 

 

ツイーターの直ぐ根元までPSTケーブルで送り、24金メッキの端子は銀入りハンダで

表面を固めて、端子はケーブルから外れない様にしてあります。

 

 

 

スタンドを使って角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて

音質改善を行います。

 

 

ゴルフⅦのオーナーの方は皆さん純正の内側に向いたツイーターの音は聴き疲れると

言われていますが、ツイータの質感と指向性の改善で、広がりのある聴きやすい高音

に変わりました。



次にドアの内張りを外して、ベーシック防振の施工を行ないます。

 

 

国産車は外板裏に防振メタルと防振マットを合わせて左右のドアで16枚貼りますが、

ゴルフⅦでは外板裏とインナーパネルとドアポケットの3ヶ所に分散して貼り付けます。




インナーパネルのプラスチックは指ではじくとポコポコ音が鳴って・・

 

 

 

 

上下にメタルを貼って、真ん中にマットを貼り付けて、合計3枚で響きを抑えています。

 

 

 

 

ドアポケットのプラスチックも鳴りがあるので、内側にメタル2枚を貼って、響きを抑えています。

 

 

 

 

組み立てが終わったら一度ピットの外に車を移動して、ゲリラ豪雨をイメージしたテストを

行い、雨漏りが起らない事を確認します。
 

 

 

 

全ての組み立てが終わったらエージング用CDを数枚再生した後に調整用CDをかけて

音調整を行いますが、ゴルフⅦのベーシックパッケージは取り付け台数も多く、ピュアコ

ンの完成度も高いためにバス・ミッド・トレブルの3トーンはほぼフラットで聴けます。

 

 

 

ベーシック防振をプラスするとドアの音圧が上がるので自分はバスがマイナス1がフラット

と考えていますが、最終的にはお客様がゼロかマイナス1か決めて頂きます。

 

 

お客様が思われていたよりも低音が出ていて、マイナス1にされたそうです。



ベーシックパッケージはドアスピーカーは基本そのまま使用しますが、ゴルフⅦの純正

スピーカーはかなり作りがしっかりしていて、下手にトレードインスピーカーに交換する

と音が薄くなってしまい、逆に不満足な結果になるので、確実な改善で結果を出すピュ

アディオで取り付けられる方が多い車種です。

 

 

 

全ての作業が終わりゴルフⅦは出庫されて、お客様は長崎に向けて帰られました。
 

 

 

 

遠くからのご来店ありがとうございました。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。