2017年04月17日(月) 11時01分33秒

マツダ・CX-3 スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業から、マツダのCX-3です。

 

 

 

 

全車マツダコネクトのナビオーディオ付きのお車で、ベーシックパッケージの取り付けと、

ベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 

 

マツダコネクトはディスプレイ部分やデッキ部からアンプが離れていて、ハンドルの右下の奥に

パワーアンプが隠れています。

 

 

そこから音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルにつないでグローブ

ボックス下に送ります。



グローブボックス下にはCX-3の標準仕様車専用のピュアコンを取り付けて、その下に

MDF材を敷いています。

 

 


年輪がある普通の板やベニア板とMDF材では僅かですが音色に差が出るために、木を

一度粉にして固めた、均等な固さのMDFを使用しています。




ダッシュの上には上向きで純正ツイーターが付いていますが、これはほとんどの音をガラス

の反射で聴く様になるために使用せず・・

 

 

 

 

スタンドで角度を付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーターを取り付けて、見晴らし

の良い場所から上質な高音をリスナーに届けます。

 

 

 

 

次にドアの内張りを外して、防振作業を行います。
 

 

 

CX-3はヨーロッパ車の様なインナーパネル方式で、サービスホールが無いタイプで、防振

作業もヨーロッパ車の様に外板裏とインナーパネルとドアポケットの3ヶ所に分散して防振メ

タルと防振マットを貼ります。



外板裏は以前に作業したCX-3の画像を見て、指で軽くはじいて響きの中心かどうか確認

してメタルやマットを貼ります。

 

 

 

 

インナーパネルとドアポケット内は図面を見て・・
 

 

 

 

ここも指で軽くはじいて響きの中心かどうか確認してからメタルを貼ります。

 

 

 

防振作業が終わったら内張りを組み付けて、ドアの作業は完了です。

 

 

 

そして一度ピット内から外に車を出して、水をかけて雨漏りテストを行って、合格したらもう

一度ピットに入れて音調整を行います。

 

 

以前はフル防振とかアウターバッフルにしている車しか雨漏りテストはしていませんでしたが、

近年のゲリラ豪雨があまりにひどいので、ベーシック防振でもテストする様になりました。



音調整ではエージング用CDと呼んでいる日頃あまり使わない音域が強く録音されているCD

を使用してスピーカーを慣らして、マツダコネクトのバス・トレブルのバスを1クリック下げた状

態にして画面を閉じました。

 

 

 

防振効果でこれまで無駄になっていた低音がしっかり車内に入って来て、少しレベルが

強いと感じるので下げて、他の音域はほぼフラットに近い状態で鳴っていました。



ベーシックのWパッケージの装着で劇的に生音に近づき、同じ車種の取り付け台数も多く、

全車同じナビのために作業もスムーズに進んで、CX-3は当日入庫の当日出してお客様

に納車されました。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。