2017年04月16日(日) 17時28分53秒

三菱・デリカD5 スピーカーの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の福岡店の作業から、三菱のデリカD5です。

 

 

 

富士通テンのイクリプスのナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシック

パッケージの取付けとベーシック防振の施工のWパッケージの作業を行いました。

 

 

 

D5のドアスピーカーはやや高い位置に16センチスピーカーと、ミラーの後ろにやや角度を

付けたツイーターの2WAY構成です。

 

 

ツイーターは別な物を取付け、ミラー裏の位置は使わず、ドアスピーカーはそのまま使用します。



まずはドアの内貼りを外して外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせます。

 

 

 

 

白い工場で取り付けられた防振材の下に防振メタルを貼って・・

 

 

 

更にその上にも防振メタルと防振マットを貼り合わせて、工場装着の防振材では取れない音域

の振動を抑えます。

 

 

 

そして内貼りを組み付けたらドアの作業は完了です。

 

 

 

次にインパネを分解して、ナビ裏から音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPST

ケーブルでグローブボックス下に送ります。

 

 

 

床にMDF材をひいて、その上にD5用にチューンしたピュアコンを取付けます。

 

 

 

ピュアコンからの出力は純正の16センチスピーカーと、ダッシュ上に取り付けたピュアディオ

ブランドのATX-25ツイーターに送ります。

 

 

 

純正ツイーターの位置は内側から金属シートで塞いでいます。

 

 

 

音が鳴る様になったらナビオーディオにエージング用のCDを入れて再生して、スピーカーを

慣らした後に調整用CDとお客様のSDの音源を使って音調整を行いました。

 

 

おっと!小田和正さんの『ラブストーリは突然に』が何故か中国語読みになっていました。



イクリプスは動かす周波数と幅を決めた後にレベルを上下するハパナメトリックタイプで、

グラフィックに比べたらなかなかツボがつかみにくいタイプです。

 

 

 

 

デリカD5用のピュアコンはカロッツェリアの楽ナビとサイバーナビでDSP機能をオフを前提に

して設計してあるので、エクリプスと少し差があるので、ブラックボックスをあれこれ交換して、

あまりイコライザーを動かさなくていい様にセッティングを行いました。

 

 

イコライザーを大きく動かせば音はフラットになるのですが、あまり動かすと音色が変わって

来るので、ピュアコン側で動かして、イコライザーのコントロール幅を少なくしました。



時間をかけて生声や生演奏の音に近くなる様にセッティングして、デリカD5は納車されました。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。