2017年04月08日(土) 11時45分41秒

トヨタ・エスティマ 11スピーカー車の音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、昨日の福岡店の作業から、エスティマのハイブリットです。

 

 

 

 

エスティマは発売されて直ぐに購入して、デモカーとして使用していましたが、ハイブリット車が後で

追加された時に、運転席と助手席の間にバッテリーが設置されて、丸の部分の反射でハイブリット

車はガソリン車と違うチューニングが必要でした。

 

 

 

そのためベーシックパッケージでは微妙にパーツの数値が違っています。



さて今回のエスティマの作業は工場装着のナビオーディオと、11スピーカー付きのお車に

ベーシックパッケージを取りつけました。

 

 

 

 

11スピーカー車では通常のドアに16センチの丸型と違って楕円スピーカーが入っていて、車両アンプ

から低音のみが送られて来ています。

 

 

 

中音域はドア上部にスコーカーが付いて、車両アンプから低音をカットした信号が送られていて、

このサイズではなかなか太い中音は再生出来ない様な見た目です。

 

 

 

助手席下に帯域制限をかける多チャンネルアンプが付けられていて、ここからピュアコンに送る

信号を取り出して、制御した後に純正スコーカーと後付けツイーターに分配して送ります。

 

 

 

信号の取り出し方法は手順書があって、それに従えばいいのですが、マイナーチェンジでカプラー

の配列が変わっていて、しかもアンプはデッキ部から光ファイバーで送られているデジタル式に

変わっていました。

 

 

時間をかけて配列を解読して、音信号を取り出してピュアコンへ送りました。



11チャンネル車は普通のパッケージよりもパーツ点数が多くて、その値も初期型と同じでいいか

どうか、音を聴いて調べました。

 

 

 

純正スコーカーの高い周波数をある程度カットして、ツイーター部分のレンジを広げてピュアディオ

ブランドのATX-25ツイーターで高音を再生します。

 

 

 

 

パーツの組み合わせをあれこれ変えて音を追い込んで、その後に3トーンの調整を1ヶ所1クリック

動かして音を整えて、納車の準備に入りました。

 

 

 

 

県外から来店されて、代車で福岡市内に出かけられている間に作業するというスピーディーな対応で、

ドア防振はなしでベーシックパッケージのみの取り付けでしたが、ノーマルのどこかもどかしい音に比べ

たらスッキリと音がまとまって、お客様は音の改善に大変満足さていたそうです。

 

 

 

いたそうですと書いたのは、このエスティマが完成して直ぐに自分は次の仕事のために移動していて、

いつもこんな感じなので自分が関わった車両の3分の1ぐらいしかお客様からの直接の感想を聞く機

会がありません。


それでも前日から福岡に移動していて、プレミアムサウンドの年式違いによる差に対応する事が出来て、

パーフェクトな仕事が出来て良かったと思っています。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります