2017年04月07日(金) 10時38分02秒

ベンツMクラス カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業からベンツのMクラスです。







全車異形パネルの専用ナビオーディオ付のお車で、ベーシックパッケージの取付とベーシック防振の

施工と、フロントドアスピーカーの交換の作業を行いました。






オーディオの構成はW212型のEクラスと同じで、ドアに16センチスピーカーが付いて、その上に

7センチ程度のスコーカーが付くスペースがありますが、それはAMG用で中身は入っておらず・・






ミラーの後ろにツイーターが付いているフロント2WAY構成です。





まずはドアの内貼りを外して、外板裏とインナーパネルに防振メタルと防振マットを貼って、モヤーとする

余分な響きを抑えました。






ドアの16センチスピーカーは取り外して、インナーバッフルを製作してJBLのP660のミッドバスを

取り付けました。






ミラーの裏のツイーターは使わず、ダッシュにスタンドを取り付けて角度を付けた、ピュアディオブランド

のATX-25ツイーターを取り付けました。





一見同じに見えるスタンドも実はかなり種類があって、ダッシュの傾斜に合わせて様々な角度を

手作りで作っています。



最近では左右のダッシュの傾斜が違う車も多く、ペアではなくて1個単位で管理しています。



グローブボックス下にはMDFの板をしいて、その上にピュアコンのパーツを貼り付けて、パーツを

あれこれ交換して音が決まった所でベースのマット下に隠します。





純正デッキを一度引き抜いて、裏から音を取り出してグローブボックス下に送っています。



エージング用のCDをあれこれ交換して再生して、最終的に調整用CDに替えてピュアコンのパーツの

交換で音を追い込みます。



最初に書いた様にMクラスはW212型のEクラスと同じ物が付いていて、W212も年式でアンプなどの

特性が違い、今回のMクラスは中期型のEクラスと同じ仕様の物が付いていました。



特性は同じでもスピーカーの取付位置に差があり、P660のミッドバスの鳴っている位置が低いために、

ピュアコンのコイルの巻き数を少ない物を選んで、ミッドバスの上限周波数を伸ばしてツイーターとのつ

ながりを合わせました。






入庫された時は低音が物足らなく聴こえて、バスはプラス7まで上がっていましたが、これはユニットの

特性以上にドアスピーカーがフルレンジで制限無で鳴らしていて、それでツイーターの下限周波数と重

なって音が薄く聴こえて、ピュアコンでの重なりの適正化と防振で余分な響きを無くしたのと、それプラス

ドアスピーカーの交換で低音が前に出て聴こえる様になりました。






施工後はバス・トレブルともフラットで十分音楽が楽しめる状態になって、低音・中音・高音と全ての音域

において改善をする事が出来ました。




 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります