2017年04月05日(水) 11時40分55秒

トヨタ・ハリアー カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

 

今日ご紹介する1台は、先日の宇部店の作業からトヨタのハリアーです。

 

 

 

 

アルパインのハリアー専用のビッグⅩを装着した状態で入庫となって、以前使っておられたお車

からJBLのスピーカーを移設しての取り付けと、防振の作業を行いました。

 

 

 

移設したスピーカーは他店で購入されたJBLのP660のミッドとツイーターで・・

 

 

 

ツイーターは以前はこんな付け方で上を向いていて、音のフォーカスがぼやけていたのが・・

 

 

 

ダッシュ上にスタンドを使って角度を付けて取り付けて、音の輪郭がハッキリと聴こえる様になりました。

 

 

 

ドア内は外板裏に何も貼ってない状態から・・

 

 

 

防振メタルと防振マットを組み合わせて、ドアが重たくならない割りに振動を抑えて、なおかつ

鈍い響きにならない様に防振しています。

 

 

 

サービスホールを塞ぐ防振も行なった後に、内張り裏にセメントコーティングを行なうために

マスキングを行ないました。

 

 

 

表面がツルツルの状態だとセメント部分がはがれてはいけないので、粗目を付ける下処理

を行ないます。

 

 

 

ランダムに厚い薄いを作って、振動を通過させずに留める様に塗って、乾くのを待ってドアに

組み付けます。

 

 

 

ドア内にはP660のミッドバスがインナー取り付けて組まれていて、全ての結線が終わって音が

出る様になったら、しばらくエージング用のCDをあれこれと交換して再生させて、音が慣れたと

ころで調整に入ります。
 

 

 

ハリアーは5センチから10センチほど通常のドアスピーカーより上の位置に付いていますが、

これを普通のコイルの巻き数で鳴らすと、ミッドバスの一番上の周波数が耳に入り易く、ツイー

ターの一番下の音と重なって聴こえて、全体的に音が薄く聴こえるので、ミッドの上限の周波数

を決めるコイルの巻き数を大目の物を使ってマッチングを取ります。



数百種類のコイルの中から、16・5センチのP660のミッドバスに合う物は比較的巻き数の少な

い物で、逆に13センチでサイズが絞ってある物は中音域の上の方が伸びるから巻き数が大目で、

一番大きい巻き数は10センチ以下の小型のスピーカー様で、それらを色んな車の形状に合わせ

て行くとこんなにラインナップが増えてしましたした。

 

 

 

 

巻き数の少なめのコイルの中で、やや大目の物を数種類選んで取り付けて、一番生音に近い聴こえ

方をする物を取り付けた後に、イコライザー調整に入りました。

 

 

イコライザーで無理くり合わせればモノラル測定でフラットにする事は可能ですが、最初にピュアコンの

コイルで音を合わせて、最後にほんの少しイコライザーで調整する事で、より自然で聴き疲れしない音

を再現しています。



現行のJBLのカー用スピーカーはOEMでJBL製でない物も販売されていますが、本来のJBLサウンド

の物を移設して、ピュアディオのピュアコンと防振の効果も合わせて、素晴らしいサウンドになってハリアー

は納車されて行きました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります