2017年03月12日(日) 18時02分32秒

日産フーガ カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は先日の札幌店の作業から日産のフーガです。





全車異型パネルの専用ナビオーディオ付きのお車で、ベーシックパッケージの取り付けと、

ドアスピーカーの取り付けと防振の作業を行ないました。






まずはドアの内張りを外します。





サービスホールではなくてインナーパネルで埋まっていますが、外板裏とインナーパネルに

メタルやマットで防振作業を行います。






内張り裏に下処理を行なって、セメントコーティングを行ないます。






片ドア3面のフル防振の状態になったらアウターバッフルを組み付けて、ドアの金属部分と

アウターを金属リングでつないで、内側にセメントコーティングを行なって粗目を付けました。



ここにセメントコーティングを行なうのは剛性を上げるためと、粗目で音を拡散するためで、

アウターはやや上を向いているので大雨でも水が後ろに流れる様にしてあります。



ピュアディオブランドのISP-130を取り付けたらドアの作業は完了です。





ダッシュの上に取り付けたツイーターは、以前に乗られていたお車から移設して来たJBLの

25ミリ外ドームツイーターです。





グローブボックス下のピュアコンは通常の4ピース構成の物にオプションを追加して、倍の

8ピース構成になっています。





最後に純正ナビオーディオの音調整を行って、フーガのシステムは完成しました。





「高級車でもオーディオの音質があまり良くないから、いまひとつ高級感が無い。」と

お嘆きの方がありますが、プレミアム仕様の複雑なシステムよりも、シンプルな構成

の純正オーディオの方が手を入れれば素晴らしい音になるので、『スピーカー数が

多い車=良い車』とはなりません。


シンプルな構成ながら、素晴らしいサウンドに変身してフーガは納車されました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります