2017年03月11日(土) 11時27分55秒

スズキ・ワゴンR

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業からスズキのワゴンRです。
 

 

 

 

スズキ純正のナビオーディオを装着した状態で入庫となって、ベーシックパッケージと

ベーシック防振のWパッケージの作業を行いました。

 

 

 

まずは純正ナビを取り外します。

 

 

 

純正配線から音信号を取り出して、ピュアディオブランドのPSTケーブルにつないで、

ピュアコンへ送ります。

 

 

 

グローブボックス下にはスターウッドの板の上にワゴンR専用のピュアコンのブラック

ボックスとコイルを貼り付けます。

 

 

実はこの板の材質も音に影響して、以前旧FC店でベニア板を使用していた物をスター

ウッドに交換したら解像度が上がった事があり、僅かな音の差でも一度失われたものは

取り戻せないので、ここはコストのかかった材質を使います。



ピュアコンを通した音はダッシュに取り付けたピュアディオブランドのATX-25ツイーター

と、ドアの純正の16センチスピーカーに分配して送ります。

 

 

 

次にドアの内張りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せたベーシック防振

の施工を行ないます。

 

 

 

低いボン!という響きの部分にはマットを貼って、カーン!という高い響きの部分にはメタル

を貼って、ドア全体の響きをスムーズに落して行きます。

 

 

 

手が入りにくい奥の方でも、コンパクトな防振メタルは貼る事が出来ます。

 

 

 


ワゴンRの内張り裏には防音材が何も貼ってないので、ベーシック防振でロードノイズが

入らなくなると、かなり体感出来そうですね。

 

 

 

純正の16センチのデュアルコーンのスピーカーはコイルを通す事で不要な高音域を

カットして、センターコーンから再生される高音域は無くなるので、中低音のみの再生

しやすい音域のみになり、こもり間が無くなります。
 

 

それにプラスしてインピーダンスがやや上昇して音に重みが出て来るので、同じ純正

スピーカーでもピュアコンを通す事で音が変わっています。



そしてドアの内張りを組付けたら全ての作業は終わりです。

 

 

 

 

 

何種類かのエージング用CDを再生して、調整用CDを鳴らして音調整を行います。

 

 

 

とは言ってもワゴンRのナビは3トーンしか付いておらず、フラットで十分に良い音だった

ので、そのまま調整画面を閉じました。



見た目はダッシュにツイーターが乗っただけの差ですが、音の広がりや響きは大きく変わ

り、お客様は音の差に喜んで頂きました。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります