2017年02月12日(日) 18時46分09秒

ホンダ・フィット3 カーオーディオの音質アップ

テーマ:日々の雑想

今日ご紹介する1台は本日の宇部店の作業から、ホンダのフィット3です。

 

 

 

 

サイバーナビを取り付けた状態で入庫となって、最初にベーシックパッケージと

防振の作業をして頂いて・・

 

 

 

その後ドアスピーカーをピュアディオブランドのISP-130に交換して頂いていました。

 

 

 

ドアにはアウター・スラントのバッフルも製作して頂いていたので、本日はドアスピーカーを

同じ13センチのZSP-LTD15に交換してグレードアップを図りました。

 

 

 

ZSP-LTD15はミッド側のハイエンドの周波数がかなり伸びて、ISP-130の

コイルでは巻き数が少なくてツイーター音域とかぶってしまうので、巻き数の多い

コイルに変更して音を合わせます。

 

 

 

ダッシュ上のATX-25ツイーターもこれまでの様に中音域の一歩手前まで再生

しなくてもよくなり、周波数レンジをやや狭くして余裕を持って鳴らす様にして、音

に艶が出ました。

 

 

 

サイバーナビのイコライザーも調整し変えて、フラットの状態から少し動かしたぐらいで

全体のバランスが取れました。

 

 

お客様は2時間弱店内で待っておられるうちに作業が終わりましたが、いつもこんなに

簡単に作業が終わる訳ではありません。



事前に取り付けに来られる事が分かっていたので、LTD15をボックスに組んでジャン

ルの違うCDをあれこれと鳴らし込んでいて、取り付けの後のエージングにかかる時間

を短縮して、待っておられる間に完成する様に準備していました。

 

 

 

以前に16センチから13センチにサイズを絞った時は、「中音域が濃くなります。」

と自分がご説明して、お客様も頭の中でイメージ出来たそうですが、「13センチの

レギュラーモデルから13センチの高級モデルに替えるというのがイメージ出来な

い。」と取り付け前にお客様が言われていましたが、作業後はより生の音に近くな

り、雑味の無いスムーズな音に変わったと体感出来たそうです。



ちょうどフィットの作業を行っている時に、自分がデジタルプロセッサーの箱を持って

店内をウロチョロしていて、それを見られたお客様から、「あれを付けたら音が良くな

るですかね?」と質問されましたが、ピュアディオではプロセッサーはシステムアップ

の最後の方の味付けとして使用しています。

 

 

 

 

7台の通電テストが終わり、これから中身をチューニングするところで、今は赤い丸の

中の左側4ヶ所がハンダ付けがやり直してあります。

 

 

実際には約80ヶ所に手直しを加えて音に艶を出していますが、ノーマルの状態では

カサカサした様な音に聴こえるので手を入れています。


まだ通電テストの途中の物が3個あるので、合計10個をこれから数日かけてチュー

ニングします。
 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります