2017年02月09日(木) 12時30分57秒

BMW3シリーズのデモカー

テーマ:日々の雑想

 

昨年の8月に購入したBMW3シリーズのデモカーですが、試聴した方から賛否両論

の評価があります。

 

 

 

 

その要因はドアスピーカーのこの部分で・・

 

 

ここのグリップの関係で反射が起こったり、マウント出来るスピーカーのサイズよりも

グリルの径が小さく、外側の部分で跳ね返りが起り、またマグネットが大きいスピーカー

では後ろへの空気の流れが悪くなり、高いスピーカーを取り付けた方が音が悪くなると

いう不思議な現象が起ります。


そのためあれこれとスピーカーを交換して聴き比べた結果、何と一番安いJBLの

GX302(税別6千円)が一番良く聴こえるという、困った状態になっています。

 

 

 

デモカーを聴いた方からは、「6千円のスピーカーでこんなに良く鳴っているのなら、

5万円のスピーカーを付けたらもっと音が良くなりますよね。」と言われる事があり、

「実は5万円の方が音が悪くなります。」と正直に答えて、売れる物をわざわざ売れ

ないようにして、プイとそっぽを向かれてそのまま帰られる方も多くあります。


そもそも何故BMWのデモカーを買ったかというと、もう十年以上前からお付き合い

のあるお客様がF31の3シリーズ・ツーリングを購入されて、その時にスピーカーを

交換された時に、それまで入庫していたF31のスポーツやMスポーツにピッタリ合っ

たパッケージが思う様に鳴らず、「どうしたらこんな差が出るんだろう?」と考えた時に、

スポーツ系のシートに比べたらラグジェアリーのシートが座面の下が出っ張っていて、

それでシート下ウーファーの鳴りが違っていて、スポーツ系にピッタリのパッケージで

は合わないのでした。

 

 

それでお客様から長期にお預かりしてラグジェアリーのマッチングを取ったのですが、

その時に使ったミューディメイションのBMW用のパッケージも生産終了になり、

またコストパフォーマンスの高いスピーカーの組み合わせを探さないといけなくなっ

て、今のGX302を使ったパッケージに辿り付きました。



ところが昨年の7月に3シリーズの6気筒のお車が入庫となって・・
 

 

 

 

 

 

オーディオの見た目は4気筒のモデルと全く同じですが、特性がかなり違うという事が

分かり、本当は1日で完成という所を1日伸ばして頂いて、4気筒のパッケージに少し

手を加えて納車いたしました。

 

 

しかし「これって明らかに4気筒と6気筒で完全にパッケージを変えないといけないの

では?」と思い、自らBMWの6気筒を買って実験する事にしました。



そこから1ヶ月ちょっとで3シリーズのツイーリングが納車されて、それまで愛用していた

E550は下取りに持って行かれました。

 

 

 

 

 

 

ここまで話を整理すると、F30・31のBMWはグレードがラグジェアリーでシートの底が

深いと鳴らすのが難しく、6気筒の方がフィルターが一段入っていて鳴らすのが難しく、

ストレートで出力される4気筒の方が簡単にマッチングが取れヌケも良く、自分が買った

車はラグジェアリーの6気筒で、これ以上悪い条件は無いという組み合わせで、これを

攻略すれば他のどの3シリーズが入庫しても、万全の状態で出庫する事が出来るという

考えです。

 

 

 

 

 

とりあえず納車されて2週間で6気筒のシステムを完全解析して、7月に一度納車した

6気筒のお客様のピュアコンを6気筒専用モデルに交換して、お客様は「更に音が良く

なった。」と喜んで頂けました。



その後デッキを追加して4オームのフルレンジ信号が取り出せる様にして、4気筒の車

で最高のパフォーマンスが出せる様に思考錯誤したのですが・・
 

 

 

 

 

 

何回交換してもマグネットが小さくて口径も小さめのGX302が良く聴こえて、他の

JBLのこれよりも高いモデルに交換してもそれは変わらずで、わざわざ安いスピー

カーを勧めて高いパーツを買わせようとしていると誤解されても仕方ない状態です。

 

 

高い物を勧める店がレベルが高いと思われがちですが、実車を買って散々実験して

安いモデルが一番音が良かったとは・・




もう一つこのデモカーには問題があって、340というグレードがちょっとアクセルを踏んだ

だけでやたら過敏に反応して、高速道路を走る時はいいけど、渋滞した時はそろりそろり

とアクセルを踏まないといけなくてストレスが溜まります。

 

 

 

エコプロモードというのがあるけど、それはそれでかったる過ぎて、「何んで中間がないん

だ。」と、そんな不満を店頭で話していたらあるお客様から「スロットルコントロールを付け

たらどうですか?」と言われて、「これ以上過敏になったら困りますよ。」と答えたら、どうも

マイナス方向に振れるモードがある事を知りました。



そこで早速ピボットのBMW用のスロコンを取り付けて、エコモードにして走ってみたら、

BMWの前に乗っていたEクラスと同じ様なアクセル反応になりました。

 

 

 

 


元の反応に対してグラフで見るとEc2モードでこんな感じで・・

 

 

 

本来のスロコンの目的はSP2モードみたいに反応を上げるためです。

 

 

専務からは「わざわざ馬力のある車を買って後で落とすとは無駄な買い物を・・」と言われ

ましたが、4気筒モデルを買って6気筒の状態は再現出来ず、逆に6気筒を買って4気筒の

状態にする事は可能なので、それはそれで無駄では無いと思いますが、ここ数年でカーオー

ディオは大きく変わって来ているので、この車は買って実験して、この車はお客様のお車で

データーを取ってと、変化に対応させる時間と費用をかけないと、良い結果は出せない時代

になって来ています。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります