2017年01月27日(金) 10時50分04秒

スズキ・アルト カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

今日ご紹介する1台は、先日の福岡店の作業からスズキのアルトです。

 

 

工場装着で違う色のハッチを選べるのは知っていましたが、実物を目の前で見ると

存在感があります。




オーディオは標準装着のCDチューナーで、他のカー用品店ではここを替えないと

音は良くならないと言われたそうで、純正デッキに純正スピーカーでも音が良くなる

というサウンドピュアディオのホームページを見られて来店されました。

 

 

 

デモカーを試聴されて納得されて、ベーシックパッケージの取り付けと、ベーシック防振

の施工の、Wパッケージの作業を行いました。



まずはドアの内張りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合わせて、余分な

振動を抑えて音質と静粛性をアップさせます。

 

 

 

 

 

外板裏は広い面積で何も貼ってなくて、ボンボンと低い響きが起っていました。

 

 

2種類の防振マットを貼り合わせて、ドアが重たくならない割に振動を抑える様に

貼って行きます。



バーが通っていて入り組んでいる部分では・・
 

 

 

 

防振メタルを使ってカーン!という高い音の響きを抑えます。

 

 

 

スピーカーは純正のままですが、防振の効果で低音がアップして、中高音も余分な

響きが無くなってクリアーになりました。

 

またピュアコンを通して真ん中のセンターコーンから鳴る高音を抑えて、コイルを

通す事で音に重みも出て、見た目がそのままでも音は別物になります。



内張りを組み付けたらドアの作業は完了です。

 

 

 

 

 

次に純正デッキを取り外して、裏から音信号を取り出します。

 

 

 

信号はPSTケーブルでグローブボックス下に送って、アルト専用のピュアコンにつなぎます。

 

 

 

そこで2分配した信号の一方をドスピーカーに送り、もう一方はダッシュに取り付けた

ピュディオブランドのATX-25ツイーターに送ります。
 

 

 

 

ここまでは比較的作業はスイスイと進んだのですが、調整用CDを使っての音調整では、

デッキにバス・トレブル・バランスなどの調整機能が一切無く、かったるい純正スピーカー

を鳴らすために高音をかなり強いクセを付けた設計にしてあり、それを下げる事が出来

なかったので、通常のアルト用のピュアコンではバランスが悪い状態でした。

 

 

しかしピュアコンをあれこれとカスタマイズして、全体の音のバランスが取れる様に

設定しました。



アルトが仕上がってお客様が引き取りに来られた時に試聴されて一言目に、「懐かし

い音がする!」と言われました。

 

 

 

 

それは古臭い音がするという意味ではなくて、以前持っていたB&Wのマトリクス801

みたいな音がするという褒め言葉で、ピュアディオのデモカーが指定ナンバーで801を

取っているのも、801を基準に音造りをしている意味からです。


現行のデッキでの音質改善には大変満足されていましたが、「将来デッキをナビオー

ディオに替えたらどうしたらいいんですか?」とのご質問に、「ピュアコンを通常のアル

ト仕様に戻せば問題ありません。」と答えました。


ピュアコンはシステムが変われば仕様変更して、次の状態でも最高のセッティングにする

事が出来るので、かなり便利な仕組みです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります