2017年01月16日(月) 13時48分02秒

フォルクスワーゲン・ポロ カーオーディオの音質アップ

テーマ:カーオーディオについて

 

今日ご紹介する1台は先日の宇部店の作業から、フォルクスワーゲンのポロです。

 

 

 

 

 

パナソニックのストラーダのナビオーディオが装着された状態で入庫となって、ベーシック

パッケージの取付と、ベーシック防振の施工の、Wパッケージの作業を行いました。

 

 

 

 

まずはドアの内貼りを外して、外板裏に防振メタルと防振マットを貼り合せ、更にインナー

プレートの鈍い響きを無くすために防振メタルを片側3枚貼りました。
 

 

 

ベーシックパッケージなので純正のドアスピーカーはそのまま使用しますが、ゴムのエッジ

の膨らみは大きく、前後のストロークがあるので低音は十分出ます。

 

 

 

更にマグネットも大きく自重もあるので、国産のトレードインスピーカーに交換したら低音が

出なくなった、と言われる事が多い車種です。

 

 

 

防振後に純正スピーカーを元に戻して、内貼りを組み付けたらドアの作業は完了です。

 

 

 

この年式のポロの純正ツイーターはゴルフⅦ同様にピラーの根元に付いていて、向きが

リスナーに対してそれているので、多くのユーザーの方が不満に思われているところです。

 

 

 

スタンドを使って仰角と振り角を付けて、リスナーからして指向性の美味しい部分で聴ける

様に、ピュアディオブランドのATX-25をセットしました。
 

 

 

ストラーダーから音信号を取り出して、グローブボックス下のピュアコンへ送ります。

 

 

ポロの純正スピーカーは低音が出過ぎるぐらい出ているので、一定の周波数から下をある

程度インピーダンスを上げて、適切な音量と重みのある低音に変化させています。



この年式のポロでの取付例はあるのですが、ツイーターがP560だったために、ATX-25

でマッチングを取るためにあれこれとユニットを交換して、最もつながりの良いポイントを探

りました。
 

 

 

 

 

最後にストラーダの音調整機能を使って、音を追い込みます。
 

 

 

デジタルのサラウンドは純正のかったるい状態では良くなった様に聴こえても、ピュアコンで

音を整えた後では音がわざとらしくなってしまうので全てオフにします。



イコライザーのみ使用してあれこれと調整して音を整えてもパターンをメモリーすると音が抑

圧されて聴こえるので、メモリーの一歩手前で調整画面を閉じます。

 

 

メモリーするしないほどの差ではありませんが、イコライザー画面と通常画面でも僅かに

音が違って聴こえて、調整して通常画面にしてを繰り返して音調整を行いました。




最終的に一カ所を除いてフラットが一番自然な音に聴こえたので、そこでイコライザー調整

を終了しました。

 

 

 


ドアスピーカーとナビオーディオはそのままで、ピュアコン・ツイーター・防振をプラスしただけ

ですが、手間をかけて音色を追い込んであるので、より生演奏に近い音で再生出来るポロに

変身して出庫されました。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

サウンドピュアディオ井川さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。